2021/04/02 10:35:40

0

エンタメ

ストレスで禿げる理由が解明される 未然にストレス禿げが解消される可能性も!



ストレスによる抜け毛

ストレスで禿げる理由が解明され、これにより未然に禿げが防げるかもしれない。

米国ハーバード大学の研究チームは、マウスを対象とした研究を通じて、ストレスを受ける時に分泌されるホルモンの一つであるコルチコステロンが、毛包幹細胞の成長を促進するタンパク質であるGAS6の生成を抑制することを発見した。

研究者は、この発見がまだの人に適用されるかを確認していなかったが、このような生物学的メカニズムは、人の場合でも、同様に作用と考えれると述べた。

研究著者であるヤジェシュ、ハーバード大学幹細胞の再生生物学教授は、「コルチコステロンは、ラットの毛包の中の幹細胞の活性化に関与して毛髪の成長を抑制する」と説明した。

この研究者は、研究のためにコルチコステロンを分泌する副腎皮質の有無に応じてどのような違いが発生するかを調べた。ところが、副腎がなくコルチコステロンを生成することができないマウスは、毛包の休止期が20日未満であった。これはコルチコステロンを生成することができる一般的なラットよりも少なくとも3倍の短い期間である。したがって、これらのマウスの毛包は、より一層早く成長期に入り、発毛サイクルが3倍速いことが分かった。

これ研究者はコルチコステロンと毛包幹細胞の関係を確立し、その関連性の基礎となる生物学的メカニズムを詳細に調べた。

これについて研究著者であるチェ・セギュ、ハーバード大学幹細胞再生生物学科博士号取得研究員は「まず、コルチコステロンが幹細胞を直接制御するかを知るためにコルチコステロンの受容体を抽出して調べたが、なかった。その代わりに、我々はコルチコステロンが実際に毛乳頭(dermal papilla)として知られた毛のうの下の皮膚細胞群に作用するということを突き止めた」と説明した。

毛乳頭は、毛包幹細胞の活性化に重要な役割を持つとされているが、コルチコステロン数値が変わっても、毛乳頭から分泌される従来確認された因子は、全く変わらなかった。 むしろ、コルチコステロンは毛包成長を促進するGAS6の生成を抑制したことが分かった。

チェ博士は「正常とストレス条件両方でGAS6を注入すれば休止期にある毛包幹細胞を活性化し、毛髪の成長を促進するのに十分だった。 GAS6は幹細胞を活性化して毛髪の成長を促進でき、治療剤として利用できる」と述べた。

この研究に参加しなかったが論文を詳しく調べた米国皮膚科専門医ルイ·ノースウェスタン大教授は「この興味深い発見は慢性ストレスによる脱毛の治療方法を捜す基盤を確立する」とし「研究陣は細胞分裂を促進することによって毛包幹細胞の活性化を直接刺激する今まで知られていなかったメカニズムを発見したのかも知れない」と話した。

最後に、研究グループは脱毛の根本的な原因を把握することで、ストレスによる脱毛を予防する治療剤を開発することができるだろうと期待を示した。

研究結果の詳細は世界的な学術誌「ネイチャー」最新号(3月31日付)に掲載された。



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"東京五輪組織委員会 週刊文春のMIKIKOのプレゼン報道に激怒 ネットから記事を消して雑誌も回収しろ
アフリカで角に帆のような物が貼られた鹿が発見される その正体が衝撃!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"東京五輪組織委員会 週刊文春のMIKIKOのプレゼン報道に激怒 ネットから記事を消して雑誌も回収しろ
アフリカで角に帆のような物が貼られた鹿が発見される その正体が衝撃!
//valuecommerce //popin //popin amp