ファーウェイ 日本初となる3840×2560のウルトラHDの高性能モニター『HUAWEI MateView』を8月20日に発売


MateView


華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、日本に初投入となるデスクトップモニター『HUAWEI MateView』を、市場想定価格89,800円(税込)にて8月20日(金)より発売する。

PC『HUAWEI MateBook』シリーズやタブレット『HUAWEI MatePad』シリーズを展開してきたファーウェイの「Mate」ファミリーに、このたび新しいメンバーが加わった。モニターの『HUAWEI MateView』シリーズで、今回『HUAWEI MateView』と『HUAWEI MateView GT』が発売となる。

『HUAWEI MateView』は、美しい4K解像度での表現能力に加え、マルチデバイスとの高い接続性、一本指での画面位置調整やタッチバーによる直感的なOSD操作を実現。ファーウェイが満を持してお送りする、洗練されたシンプルなデザインながら高い性能と盛沢山な機能を搭載したハイエンドモニターとなっている。

まさにベゼルレスと言える『HUAWEI MateView』は、上部と両サイドのベゼル幅がわずか約6mm。28.2インチの大画面フルビューディスプレイは、約94%の画面占有率を実現。ハイスペックなディスプレイは、3840×2560のウルトラHD解像度を採用し、通常の4Kモニターよりピクセルが150万個多いため、よりクリアできめ細やかな画質となる。また、シネマレベルの色域DCI-P3を98%カバーし、表現できる色数は10.7億色に達する。

さらにVESA(Video Electronics Standards Association)によるDisplayHDRTM 400認証を取得している『HUAWEI MateView』は、豊かな明るさと暗さを細部まで表現でき、人の視覚に近い表示効果を実現しました。最大輝度500nitのハイコントラストにより、薄暗い動画の視聴にも適している。

・美しく洗練されたミニマリストデザイン

ディスプレイの薄さは約12.8㎜とスリムかつシンプルなミニマリストデザインです。メタルボディの滑らかなデザインはプレミアムな雰囲気を感じさせる。 またディスプレイのチルト角や上下高も、一本の指で簡単にお好みのポジションへ調整できる。

・シームレスなマルチデバイス接続

【スマートフォンと】ファーウェイスマートフォンをお使いなら『HUAWEI MateView』にかざすだけで、ワイヤレスですぐにディスプレイに投影可能。

【PCと】 PCへの接続は簡単で、『HUAWEI MateView』 のUSB Type-Cポートとお使いのノートPCを接続すれば、モニターへの映像出力とPCへの電源供給が一度に可能。
またミラキャスト対応のため、PCから『HUAWEI MateView』へのワイヤレス投影も可能。高解像度画質の投影では、低遅延のデータ伝送により、画像拡大の際のずれとぼやけを大幅に低減できる。例えばPCのビデオ素材を大画面で編集する際など、作業効率が大幅に上がります。さらにファーウェイPC「MateBook」となら、最大2Kのワイヤレス投影も可能。

・シンプルかつ使いやすさにこだわったUI

意外と使うOSDメニューですが、『HUAWEI MateView』 はスマートなタッチバー操作により、一本指のスライドによる音量調整や二本指のスライドによる入力切替など、直感的な設定変更が可能。
また、多数の接続端子を搭載していることから、様々なシーンでニーズを満たすことができる。

関連:ファーウェイ 34インチのウルトラワイドカーブディスプレイ ゲーミングモニター『HUAWEI MateView GT』を9月10日に発売

HUAWEI MateView


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"AVerMedia 4Kウェブカメラ『LIVE STREAMER CAM 513』を発売
ファーウェイ 34インチのウルトラワイドカーブディスプレイ ゲーミングモニター『HUAWEI MateView GT』を9月10日に発売

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"AVerMedia 4Kウェブカメラ『LIVE STREAMER CAM 513』を発売
ファーウェイ 34インチのウルトラワイドカーブディスプレイ ゲーミングモニター『HUAWEI MateView GT』を9月10日に発売
//valuecommerce //popin //popin amp