2021/08/31 13:42:08

0

政治・経済・社会

パキスタン 公園で1人の女性が数百人から性暴行と強奪される 政界も動き出す衝撃事件


パキスタン パンジャーブ公園


パキスタンで公園にて1人の女性が数百人の男性から暴行、性暴行、強奪を受けるという衝撃な出来事がおきた。

パキスタンは2021年8月14日、パンジャーブ州にあるパンジャーブ公園にてTikTokの動画をしていた女性に男達が集まり体を触ったり、服を脱がしたり、暴力的に体を引っ張ったりと非人間的な暴行が続いた。
女性は周囲の人に助けを求めたが、更に多くの男性が集まり暴行に加担するだけだった。

被害女性は警察の調べで、「持っていた指輪やイヤリングなど貴金属や携帯電話、身分証明書、現金をすべて奪われた。彼ら(加害男性たち)は私を引っ張り、服が破れるほどだった。公園の警備員が逃げ出せるようにフェンスを開けてくれたが、むしろそこからはもっと多くの人が押し寄せた」と主張した。

・パキスタン政界も動く

この事件はパキスタンの政界にまで広がった。パキスタンの国会議長ビラワル・ブトザルダリはSNSを通じ、「これはパキスタン人を恥じ入らせる事件だ。責任者らは皆、法の審判を受けなければならない。パキスタン女性らは不安を感じる。すべての安全と平等な権利を保障するのが私たちの責任」と述べた。

・動画撮影目的は出禁に

この事件は、当時撮影された映像を通じて早く知られた。当局は、事件が発生した公園を含め、パンジャーブ州内の全ての公園で映像撮影などSNSユーザーらの出入りを禁止にした。

どうしても公園内で動画撮影したい場合は「必ず事前に台本を提出しなければならず、公園内の保安要員の監視の下でのみ撮影を行うことができる」とし「男性2人以上は公園出入りを制限し、制服を着た学生の場合、家族の同行なしでは公園に入ることができない」と説明した。

・400人の男性が暴行

監視カメラを調査したところ暴行に参加したのは400人ほどの男性と言われており、現時点で35人が拘束されている。女性への暴行は2時間続いた。狙われた理由は不明で過度な露出をしていたわけでもなく、下品な撮影をしていた分けでもなかった。事件の起きた8月14日はよりによってパキスタン独立記念日だった。



被害者女性

ソース



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Ankerが「防災の日」に合わせてポータブル電源の充電が可能な高出力ソーラーチャージャーと特別災害対策セットを販売開始!
キリン生茶 ほうじ煎茶 好調 & リニューアル! 過去10年でNo.1の売上

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Ankerが「防災の日」に合わせてポータブル電源の充電が可能な高出力ソーラーチャージャーと特別災害対策セットを販売開始!
キリン生茶 ほうじ煎茶 好調 & リニューアル! 過去10年でNo.1の売上
//valuecommerce //popin //popin amp