『BALMUDA Phone』 食べ物をおいしく撮れるカメラアプリを自社開発→やばい写真が撮れてしまう


BALMUDA Phone


2021年11月16日 バルミューダが同社初のスマートフォン『BALMUDA Phone』を発表した。
拘り抜いたデザインと謳っており、4.9インチのディスプレイ、皮のような使えば使うほど劣化を楽しむことが出来る本体、そして電卓やスケジュール帳、時計、カメラアプリはバルミューダが独自に開発したもの。

ソフトバンク独占となっており、ソフトバンクからは14万3280円、SIMフリー版は10万4800円とやや高めの値段。

早速『BALMUDA Phone』入手しその独自開発したというアプリを試した人物が写真をTwitterに投稿。すると真っ青な写真が撮れてしまったという。カメラアプリには料理撮影モードがあるのだがそれで撮影すると、画像全体が青みがかっておいしいとはかけ離れた写真になってしまう。

また同人物が『BALMUDA Phone』の動画撮影を試みているがオートフォーカスが全く動作せず、近距離撮影がまともに出来ない状態だ。

これらのアプリの開発費のために低スペック端末に10万や14万・・・。ストアの無料アプリの方が何倍もマシなのではと思えてしまう。


BALMUDA Phone

BALMUDA Phone

動画撮影 フォーカスあわず

コメントする(匿名可)




ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『みてね』がお子さまの書いた数字で作成できる 「こどもの手書きカレンダー」を本日より販売開始
バルミューダ株 スマートフォン発表後株価が5450円から4550円に900円も下落

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『みてね』がお子さまの書いた数字で作成できる 「こどもの手書きカレンダー」を本日より販売開始
バルミューダ株 スマートフォン発表後株価が5450円から4550円に900円も下落
//valuecommerce //popin //popin amp