アメリカのユーチューバーが21年前に行方不明になった10代男女の遺体を発見し話題に 警察もお手上げの未解決事件を解決



ユーチューバー ジェレミー・ボサイズ

行方不明者を捜すYouTube動画を公開しているアメリカのユーチューバーが、21年前に行方不明となった10代の男女の遺体を実際に発見し話題となっている。

発見した場所はテネシー州ホワイト郡の川で、発見者はユーチューバーのジェレミー・ボサイズ。21年前に失踪した10代男女が乗っていた車両と遺骨を発見した。

事件が起きたのは2000年4月で、当時エリン・ポスター(18)とジェレミー・ベクテル(17)は乗っていた車と共に突然と行方不明になった(ユーチューバーの名前と行方不明者の名前が同じで混同するが偶然に同じなだけ)。その後、痕跡すら見つからず、コールドケース(cold case・未解決の犯罪事件)に分類されたこの事件を解決したのは、ユーチューバーのジェレミーだった。彼は「行方不明者データベースを見ている際に、この事件に注目した。彼らが最後に消えた地点に大きな川が流れていることを知って水中探査装置を持って現場に向かった」と明らかにした。

一人で企画、撮影、編集など全過程行いを直接解決する1人のユーチューバーである彼は1回目の捜索は失敗したが、遺族の助けを借りて再チャレンジしたところ川の中で消えた車を探すことに成功した。ジェレミーは「突然車両が発見され、100%行方不明者のものだと確信した」と明らかにした。以後、通報を受けて出動した警察が河川の中で車両を渡り、その中で行方不明者2人だと思われる遺骨が発見された。

ジェレミーは「川の中で車両を発見した瞬間、とても興奮したが、行方不明になった2人が死亡したことを意味するので、同時に悲しい。遺族たちに深刻な慰めを伝える」と話した。現地のマスコミによると、川で乾いた車は行方不明者であることが確認され、ただし遺骨はDNA検査中で、まだ身元が正式に確認されていない。


ユーチューバー ジェレミー・ボサイズ

コメントする(匿名可)



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"今年の漢字は「金」 リオ五輪の年に続いて「金」になる
前澤友作が宇宙からUber Eatsをデリバリー! 1回の配達時間と距離が大幅に更新

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"今年の漢字は「金」 リオ五輪の年に続いて「金」になる
前澤友作が宇宙からUber Eatsをデリバリー! 1回の配達時間と距離が大幅に更新
//valuecommerce //popin //popin amp