2021/12/14 21:33:00

0

エンタメ

前澤友作が宇宙からUber Eatsをデリバリー! 1回の配達時間と距離が大幅に更新


前澤友作 Uber Eatsデリバリー


日本の民間人として初めて ISS(国際宇宙ステーション)に滞在中の前澤友作が、Uber Eats の特別配達パートナーとしてISS滞在中の宇宙飛行士へボーナスフードをデリバリーした。

Uber Eats史上初となる宇宙へのデリバリーは、前澤が地球を出発してから、約8時間34分後、約400kmの移動距離を経て、12月11日(日本時間)に行われた。

ISSに新たに届く食料物資は、「ボーナスフード」と呼ばれ、滞在する宇宙飛行士にとって最大の楽しみの一つとなっている。
「宇宙飛行士が待ち望むボーナスフードを日本から届けたい」と、いう前澤のホスピタリティあふれる思いから成り立つミッションにUber Eatsは賛同し、今回のプロジェクトが実現。

「待っている人に幸せをお届けするデリバリーの喜びを、世界中の皆さんと共有したい」。そんな思いを込めて、地球から宇宙への壮大なデリバリーミッションを全面支援。

Uber Eats 特別配達パートナーに扮した前澤は、ISS船内の無重力空間を器用に浮遊しながら、宇宙飛行士に、“Hey! Uber Eats!” と笑顔で、Uber Eats の紙袋に入れたボーナスフードをお届け。

宇宙飛行士は前澤のサプライズに驚いた様子だったが、「宇宙にまで来てくれてありがとう!(Thank you for coming to space!)」とボーナスフードを受け取った。

お届けしたボーナスフードは、宇宙渡航のために特別に作った「MZ宇宙缶詰」で、サバの味噌煮、牛丼、鶏筍、豚の角煮の4種類。

Uber Eats歴代の1回の配達における配達時間、距離の記録を大きく更新し、宇宙へのボーナスフードのデリバリーを実現した前澤は「ISSの宇宙飛行士宛てに、いくつかのフードを届けさせてもらいました。僕も引き続き挑戦をやめませんし続けてまいりますので、皆さんも今後も頑張っていろんな挑戦続けてください! 世の中をどんどんいい方向に変えていきましょう! 以上、国際宇宙ステーションよりフードデリバリー担当の前澤でした。」とコメント。

©SPACETODAY


前澤友作 Uber Eatsデリバリー

前澤友作 Uber Eatsデリバリー

前澤友作 Uber Eatsデリバリー

前澤友作 Uber Eatsデリバリー

コメントする(匿名可)




ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"アメリカのユーチューバーが21年前に行方不明になった10代男女の遺体を発見し話題に 警察もお手上げの未解決事件を解決
激安! 無制限掛け放題で1400円の『y.u mobile』登場!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"アメリカのユーチューバーが21年前に行方不明になった10代男女の遺体を発見し話題に 警察もお手上げの未解決事件を解決
激安! 無制限掛け放題で1400円の『y.u mobile』登場!
//valuecommerce //popin //popin amp