2022/02/04 09:09:36

0

エンタメ

【重要】オンラインカジノの安全性は? 動向と対策を徹底紹介


オンラインのカジノサイトを利用する際、個人情報や支払いメソッドの入力を求められるので、「本当に安全なの?」と不安に思うこともあるでしょう。カジノサイトにおけるサイバーセキュリティやプログラミング技術はライセンス取得の際に確認される項目です。そのため、ライセンスさえあれば、そのカジノサイトは安全だということが保証されますが、実際には不安に思う人もいるかもしれませんね。

ここではオンラインカジノをプレイする時に理解しておきたい安全性について、近年の動向や対策などをご紹介します。

ライセンス取得が安全性を保証する第一歩

冒頭でも触れましたが、カジノサイトの安全性を示すパラメーターとして最も重要なのが、信頼できるギャンブル機関からライセンスを取得しているか?ということです。カジノサイトは合法で、かつ厳しく規制されていることが大前提なので、EC加盟国に拠点を置く権威ある機関が発行するライセンスを所有していれば安心と言えます。とくに、イギリス、マルタ、ジブラルタル、マン島の4つの国から発行されているかをチェックしましょう。

●UK Gambling Commision(英国ギャンブル委員会)
●Malta Gaming Autholity(MGA)
●HM Government of Gibraltar(ジブラルタル規制当局)
●Isle of Man Gambling Supervision Commision(マン島ギャンブル監督委員会)

その他、まずまず信頼できる機関としては、オランダ領のキュラソー、カナダのカナワケ、フィリピンのファーストカガヤンなどがあります。
逆にライセンスとして信用度が薄いのは、南米をベースにしている機関です。サインアップをする前に、カジノサイトの利用規約で必ず確認するようにして下さい。

ライセンスをキュラソーに移行する動きが出ている

オンラインカジノの安全性を保証するには、信頼できる機関からライセンスを取得しているか?ということになりますが、ライセンス取得における動向は年々変わりつつあります。

2020年以降、継続的に見られるのは、ライセンスを「キュラソー」発行のものに切り替えるという動きです。たとえばマルタの「MGA」が定める規制内容が、アジア市場に向いていない…ということが挙げられます。カジノ業界はアジア全域にマーケットを広げていこうという意向が強いため、それに沿った意図で行われているようです。

カジノサイトは日本を中心に、フィリピンや韓国などのプレイヤーを獲得していきたい考えが強くあります。そういった背景から、アジアカルチャーにマッチしたキュラソーが選ばれたというわけですね。ベラジョンカジノやインターカジノなどをはじめ、その他の有名カジノブランドも、続々とキュラソーへライセンスを移行しています。

まとめ

オンラインカジノの安全性を確認するには、まず信頼できるライセンスを取得しているかを見ることが大切です。また、近年のオンラインカジノの動向としては、ライセンスをキュラソーに移行しているということが挙げられます。アジア圏にあったライセンスということで、人口の多いアジア諸国をターゲットにした結果だと言えますが、大手カジノブランドが続々とキュラソーに切り替えをしているのは、ちょっと驚きですね。カジノゲームの種類や特徴はオンラインカジノランキングで確認できます。ぜひ、参照してみて下さいね。

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"「ファイアーエムブレム ヒーローズ 5周年メモリアルボックス」予約受注開始
30代男性正社員の52%が「1日の仕事の中で決まりきった単純作業を2時間以上している」と回答

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"「ファイアーエムブレム ヒーローズ 5周年メモリアルボックス」予約受注開始
30代男性正社員の52%が「1日の仕事の中で決まりきった単純作業を2時間以上している」と回答
//valuecommerce //popin //popin amp