PCモニターの選び方

モニターを知らない人にとっては、モニター広告に表示されている複雑なパラメーターを見ると戸惑うかもしれません。自分に合ったモニターを選ぶために、よくあるパラメーターについて簡単に説明しましょう。

1.スクリーンタイプ

主にIPSタイプ、TNタイプ、VAタイプの3種類があります。
TNタイプは色再現は悪いが階調応答速度は速い。しかし視野角が悪すぎるのでお勧めしない。VAタイプは一般的に曲面スクリーンで使われることが多い。VAパネルの視野角が大きく、白黒コントラストが高く、色再現が正確であるが、応答時間がやや遅く、パネルの均一性が一般的で、設計や修正にはあまり適していない。IPSスクリーンは最も包括的なもので、あらゆる面を考慮しています。
HUAWEI_monitor

2.サイズ

現在、ディスプレイは24 ~ 27インチ型が主流だが、やや大きめのディスプレイを使うことで視覚の疲労を減らすことができる。書類を書きながら調べ物をすることができます、仕事の効率を高める。

3.解像度

ディスプレイには主に3種類:1080P、2K、4K。
1080P:学習、軽度のビデオと音楽に適している;2K:オフィス、学習、コンピュータゲーム、音楽、ビデオ向け:4K:オフィス、コンソールゲーム、デザイン、画像修正、音楽、ビデオに適している。

4.他のパラメータ

一般的に、モニターのPPIが高いほど鮮明である。応答時間が速いほど滑らかである;色域と色深度は高ければ高いほど良いが、一般的に色域の色深度が高いディスプレイは非常に高価である。色准とコントラストも高ければ高いほど良く、より正確な色を再現することができる。HDRは比較的総合的な指標で、一般的にはモニターの明るさに関するもので、輝度が高いほどHDRが高い。

5.インターフェース

インタフェースは多ければ多いほどよいので、さまざまな機器へのアクセスを容易にすることができる。

HUAWEI_monitor

では、おすすめのディスプレイは何でしょうか?ここで皆さんにHUAWEI モニター 4K+をお勧めします。その理由は、このディスプレイがシンプルで美しい外観であると同時に、非常に優れたハードウェアを備えているからです。28.2インチのサイズ、3:2スケールはデザイナーの使用に適しており、4Kを超える解像度、超高色域と明るさ、そして高価ではない、この価格帯ではほとんど最良の選択となっている。似合うディスプレイを探している皆さん、もし興味があればぜひチェックしてください。

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"バイキング最終回 会見で坂上忍「過去のことにも触れたかった」と涙
ノートパソコンの利点

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"バイキング最終回 会見で坂上忍「過去のことにも触れたかった」と涙
ノートパソコンの利点
//valuecommerce //popin //popin amp