2018/02/07 13:43:20

0

政治・経済・社会

平昌五輪のノロウィルス対策 警備会社の従業員全員検査します → 本当は検査すらまともにせず

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・平昌五輪の宿泊施設でノロウィルスが蔓延
・警備会社の従業員1200人全員を検査すると発表
・実際は検査していなかった

説明会

スポンサードリンク


2月9日に開幕を控えた平昌五輪だが警備会社が宿泊する施設でノロウィルスが蔓延し、7日までに41人が感染した。

この宿泊所には警備会社の従業員が1200人宿泊しており、全員が検査を受けることとなった。また空軍部隊の協力を得て兵士1000人を警備会社の代替人材として投入する。

この状況が改善されるまで1日2回の会議を行い、状況を共有し点検。

特に感染症が懸念されている地域(アルゼンチン、ナイジェリア、エクアドル、ブラジル、中国、インド、北朝鮮)の入国者を検閲を強化したと組織委員会は明らかにした。

しかし組織委員会のこの取り組みは抜け穴だらけだと指摘されている。

・1200人の警備会社の従業員を検査しているは嘘

組織委員会の発表とは異なり、問題となったその警備会社の従業員たちは、現場統制が行われておらず検査が適切に行われていなかった。さらに検査の事実すら告知されず、問診票をもらえないまま宿に戻った従業員も多かったと伝えた。

・何が起きているかすら伝えられない従業員も

スタッフAさんは「5日午後に会社側との懇談会の間に突然の保健当局関係者が訪ねてきて、現在の状況を説明した後の検査を開始した」とし「しかし、検査の事実さえ従業員に正しく通知されず、問診票をもらえていない人も沢山いた」と当時の状況を説明した。

またこれだけではなく、警備会社要員を交換する兵力投入が遅れ、なんと30時間近く連続勤務したという主張も出ている。

・兵士の投入も遅れ30時間連続勤務

警備業務を担当したBさんは「5日、会社側がノロウイルスのため、夜間人員を投入できないとして勤務時間を延長し、翌日まで29時間連続勤務した。兵力が投入されるのに時間がかかるのは理解できるが、寒さに震えながら勤務する警備職員のために、当初余裕を持って行動してほしかった」と述べた。

コメントする

スポンサードリンク

ソース








ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"TBS大捜索番組で17年間軟禁された男性の「父親」と名乗り出る男性が現れる 伸矢くんとは別人の可能性?
平昌五輪ノロウィルス 警察や調理師、ボランティア、外国メディアにまで感染拡大の脅威

関連記事

【動画】日大アメフト部の内田監督が辞意 会見中も関西学院大学の名前を全て間違える

2018/05/19 05:57:35

大韓航空の親会社従業員がデモ「犯罪だらけの経営陣一族は退陣せよ!」 社員から嫌われる会長一家

2018/05/19 03:05:17

京都の観光地の竹にハングルで落書き 韓国メディアでも報じられ「恥ずかしい」「反省しろ」の声

2018/05/18 03:36:10

【動画】タクシー運転手 助手席に座った女性客の服をずりおろし胸を見ようとした疑いで逮捕

2018/05/18 11:45:23

ユーチューバー夫婦「野生の絶滅危惧種を食べてみた動画」をYouTubeに投稿 → 政府が調査にのりだす騒動に 収益は5万円

2018/05/18 10:41:45

母親の出産中の分娩室に数十人の病院ツアーが押し寄せる 病院「はい今出産してますよー見てねー」

2018/05/17 11:24:07

【動画】アメリカのコリアンタウンにホームレスシェルター建設 それに対して在米韓国人がデモを行うもデモに対するデモが起きる

2018/05/17 10:38:51

新潟女児殺害事件に対してフィフィが「アニメ好きを強調する報道ってどうなの?」とツイート

2018/05/16 09:23:15

新潟女児殺害事件の同級生と騙るTwitterにマスコミが殺到 もちろん偽物

2018/05/16 08:36:56

『とくダネ!』が新潟女児殺害事件を報道するも被害者宅や容疑者宅を分かりやすく報道し批判殺到

2018/05/15 10:43:13

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"TBS大捜索番組で17年間軟禁された男性の「父親」と名乗り出る男性が現れる 伸矢くんとは別人の可能性?
平昌五輪ノロウィルス 警察や調理師、ボランティア、外国メディアにまで感染拡大の脅威