小学校の中で大量のPepperが発見される! 何目的か?

Pepper


ソフトバンクが販売している『Pepper(ペッパー)』。毎月数量限定で販売するも即売り切れてしまい入手困難なロボット。そんな『Pepper』が廃校となった小学校の教室の一室に大量にあるのが目撃された。

『Pepper』が人類を滅ぼすために集結しているのか、それとも誰かが大量購入しここに集めたのか。一番濃厚な線はテレビCMの撮影だろう。学校のシーンは大量の『Pepper』が生徒役とかになるという物ではないだろうか。

それにしても端から見たら奇妙な光景である。

広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ユネスコが「南京大虐殺」を登録 日本政府が遺憾の意
ドアノックに変装してセールスを驚かすドッキリ動画!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ユネスコが「南京大虐殺」を登録 日本政府が遺憾の意
ドアノックに変装してセールスを驚かすドッキリ動画!
//valuecommerce //popin //popin amp