2015/12/25 18:39:08

1

エンタメ

爆買いで有名になったラオックス社長を書類送検 大阪道頓堀店にて中国人不法就労助長の疑い

ラオックス


2015年の流行語大賞「爆買い」で受賞したラオックスの羅怡文(ら いぶん)社長が、認可された時間外も中国人留学生を働かせていたとして不法就労助長の疑いで書類送検された。

ラオックスは秋葉原、北海道、羽田空港、大阪などに店舗を構える免税店。爆買いの際に中国人客が押し寄せており、その対応の為に日本語と中国語が話せる留学生を時間外も働かせていたと見られる。

関連記事

2015年新語・流行語大賞は「トリプルスリー」と「爆買い」という微妙な結果に 「ラッスンゴレライ」はエントリーすら無し
流行語大賞にノミネートされた「アベ政治をゆるさない」 鳥越選考委員長が呼びかけた運動だった
韓国の2014流行語は? 「朝鮮人ですいません」「未開」

  

  

下町ロケット【TBSオンデマンド】

広告についての問い合わせはこちら




プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"実際に乗ることが出来るホバーボードが239万円で発売! 6分間の走行が可能
民放無料視聴サービス『TVer』で配信されない番組とは? アノ事務所の権利が問題だった

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「爆買いで有名になったラオックス社長を書類送検 大阪道頓堀店にて中国人不法就労助長の疑い」への1件のフィードバック

  1. 爆買いで有名になったラオックス社長を書類送検 大阪道頓堀店にて中国人不法就労助長の疑い https://t.co/JtNiamIRcv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"実際に乗ることが出来るホバーボードが239万円で発売! 6分間の走行が可能
民放無料視聴サービス『TVer』で配信されない番組とは? アノ事務所の権利が問題だった