2年間賃金が未払いだったカレー屋のウェブサイトが消滅 社長とは連絡が取れず店は継続



シャンティ労働組合

6月中旬に話題となったカレー屋の従業員が店に張り出した1枚の紙。そこには「私達は6月20日で解雇・お店閉鎖を通告されています。賃金も2年払われていません。皆さん助けてください。 =シャンティ従業員一同=
アミン・ジョン」と書かれており、2年間にわたって賃金が未払いだったと書かれていた。該当店舗は都内に数店舗を展開する『Shanti(シャンティ)』というカレー店だ。

問題はこの賃金の未払いだけでなく、従業員から差し引いていた税金の未払いや、月20万円の契約だったはずが4万円しか支払われていない人がいたことも発覚。従業員はビザ更新のため、未納分の税金を収め納税証明書をとったという。

そんな問題だらけの『シャンティ』のウェブサイト(http://e-shanti.jp/)が、つい先日からアクセス出来なくなってしまった。現在アクセスすると「403 ERROR」と表示される。6月20日の閉店予告にあわせてウェブサイトも閉鎖したと思われる。

従業員らは弁護士立ち会いのもと「シャンティ労働組合」を結成。社長とは連絡が取れておらず、携帯に電話をしても電波が届かないというアナウンスが流れるという。

店は継続

社長は連絡が取れない状態のようだが、従業員だけでしばらく店を続けることにしたようだ。ウェブサイトもリニューアルして復活するかもしれないので、下記ツイッターを常にチェックしよう。

『シャンティ』という同名のカレー店が都内にいくつかあるが、今回問題になっているのは駒込・大塚にある自家製ヨーグルトを使ったシャンティという店だ。

関連:カレー屋従業員が「2年間賃金が未払い助けて」とツイート 経営者は税金を横領し閉店?

従業員一同 シャンティ

シャンティ 税金払わず

シャンティ 賃金4万円



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"小学5年生「日本の国のみらいを決めるため戦争に行く!」 選挙ポスターが話題に
東京渋谷であずきバー6000本が無料配布されるぞー!! 名古屋と大阪でも開催

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"小学5年生「日本の国のみらいを決めるため戦争に行く!」 選挙ポスターが話題に
東京渋谷であずきバー6000本が無料配布されるぞー!! 名古屋と大阪でも開催
//valuecommerce //popin //popin amp