2017/11/28 05:31:06

3

政治・経済・社会

ラスベガスの銃乱射事件で生存した男性 翌月に車に轢かれて死亡する



【簡単に説明すると】
・ラスベガス大虐殺の生存者
・生存者が翌月に轢き逃げで死亡する
・ヒッチハイクの途中だった

ロイ・マクレラン

10月1日に発生したアメリカ史上最悪の銃乱射事件であるラスベガス大虐殺で生き残った男性が同州の高速道路で死亡したことが分かった。

10月1日、妻と一緒に銃乱射事件現場に居たロイ・マクレラン(51)はラスベガスの高速道路で轢き逃げ事故で死亡した。

11月17日、ロイは高速道路を歩いていたらシボレーのカマロに轢かれて命を落とした。運転手は逃げ去ったがその後に捕まった。

何故その場でロイは歩いていたのか? 妻デニスによると、銃乱射事件により精神がおかしくならないように克服しようとヒッチハイクの旅に出たという。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"いしだ壱成 23歳年下の新恋人とのノロケが気持ち悪いと話題に ハゲ疑惑も否定
貴ノ岩の頭部の傷 予想以上に重傷な事が判明 頭部が割れ医療用ホッチキスで9針

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ラスベガスの銃乱射事件で生存した男性 翌月に車に轢かれて死亡する」への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ファイナル・デスティネーション

  2. 匿名 より:

    何てこった・・・・・・

  3. 匿名 より:

    踏んだり蹴ったりとはこのことだな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"いしだ壱成 23歳年下の新恋人とのノロケが気持ち悪いと話題に ハゲ疑惑も否定
貴ノ岩の頭部の傷 予想以上に重傷な事が判明 頭部が割れ医療用ホッチキスで9針