ガーナの小学校教師 ワードを教えたくてもパソコンが無いため黒板で全てを教える



【簡単に説明すると】
・ガーナの教師が話題に
・学校にパソコンが無いため黒板で全てを教える
・ガーナでもコンピューターとインターネットの知識は必須となっている

黒板でワードを教える

ガーナで小学校の教師として働くオワラ・クヮドゥウォ(Owura Kwadwou)さんは子供達に『マイクロソフトワード』を教えてあげたくてとんでもない行動に出た。

今の時代ガーナでもコンピューターとインターネットの知識は必須となっている。そのため基本的なワードは最低限出来なくてはいけないと思い教えようと思ったのだが、この学校にはパソコンが無かったのだ。

悩みに悩んだ結果クヮドゥウォさんは黒板全体にワードの画面をチョークで描いて表現。彼はまるでスクリーンショットを見ながら描いたかのように詳細に描いたのだ。その後、ワードの画面のそれぞれの機能を子供達に説明。

クヮドゥウォさんは情熱的な教師として有名で、「2018年になる今、コンピュータが何故学校に無いのか?」と疑問に思ったそうだ。クヮドゥウォさんはネットメディアとのインタビューでも「政府が教育環境を改善させようと努力していることを信じる。田舎だけでなく大都市でもコンピューターが無い学校がありますが、少しずつ改善されている」と語った。

クヮドゥウォさんが描いたワードのバージョンは少々古いようだが、それでも子供達は楽しく授業出来ただろう。


黒板でワードを教える

Owura Kwadwou

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"フランスの高級ブランドがビニール袋を6万円で売りつけて批判殺到
亡くなった男性が遺体保管所に運ばれる 葬儀場の従業員が遺体を触ったら突如動きだす!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ガーナの小学校教師 ワードを教えたくてもパソコンが無いため黒板で全てを教える」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    これぞ、正しい教師の姿。
    子供たちの将来について真剣に考えているから出来ることぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"フランスの高級ブランドがビニール袋を6万円で売りつけて批判殺到
亡くなった男性が遺体保管所に運ばれる 葬儀場の従業員が遺体を触ったら突如動きだす!