2018/08/16 05:35:13

0

エンタメ

28年前に無くしたコンタクトレンズ まぶたの裏で発見される!



【簡単に説明すると】
・28年前にバドミントンの試合中に無くしたコンタクトレンズ
・なんとまぶたの裏で発見される
・半年前から目が腫れてきたため検査したところ発見

まぶたの裏にコンタクトレンズ

コンタクトレンズをしている人のあるあるで突如無くしてしまうこと。

スコットランドの東部ダンディーに住む42歳の女性は28年前にバドミントンの選手として活躍しており、そのときにコンタクトレンズを着けるようになった。

そんなある日、試合中にシャトルが目に強く当たってしまうという事故がおこり、それにとりコンタクトレンズが紛失してしまった。このとき女性はコンタクトレンズを落としたと思いその場を探したのだが、どこを探しても見つけることはできなかった。

しかし女性のコンタクトレンズはそれから28年間、ずっとまぶたの裏に潜んでいたのだ。その後何の不自由も無く生活してきた女性だが、半年前頃から左目が腫れてきておかしいと思った女性は病院に行くことにした。

イギリスのナインウェル病院の医療スタッフはまぶたの裏にコンタクトレンズがあるのを発見。なんとそれはバドミントンの際に無くなったと思っていたコンタクトレンズだったのだ。
このコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズではなく、ハードレンズと呼ばれるものだった。ハードレンズは目に衝撃が加わると落ちてしまったりまぶたの裏に入るという短所がある。医療スタッフは「28年ぶりに出てきたレンズはかなり損傷していた」と説明。

また女性のまぶたのコンタクトレンズは手術によろ除去されており、視力にも影響がないことがわかった。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国の1000年の歴史の仏像 市民が勝手に復元してとんでもないカラフルな色になる
バニラアイスにマヨネーズトッピングをする店が話題に! 食べた人はまさかの大絶賛

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国の1000年の歴史の仏像 市民が勝手に復元してとんでもないカラフルな色になる
バニラアイスにマヨネーズトッピングをする店が話題に! 食べた人はまさかの大絶賛