CEDEC宮本茂の基調講演で「iPhoneが出たときにDSの方が先なんだよと思った」と悔しがる



【簡単に説明すると】
・CEDEC2018で宮本茂が基調講演
・iPhoneが発表されて悔しがる
・カメラもとられた!

宮本茂

8月22日にパシフィコ横浜にて『CEDEC2018』が開催された。1日目の9時45分からはマリオの生みの親である宮本茂氏が「どこから作ればいいんだろう?から10年」と題した基調講演を行った。

10年前のは普及していなかったスマートフォンが今では当たり前のように普及していることにより、ゲーム業界もコンシューマから携帯ゲームに置き換わりつつあることに触れた。

宮本氏は「iPhoneの初代モデルがアメリカで発表されたのが2007年なんです。そしてスティーブ・ジョブズが『タッチなんだよ』って発表したときに『タッチならDSが先なんだけど』って思いました。あ、ここ笑うところです(笑)。本当思ったんですけど。DSを全てのネットワークに繋げるよりも携帯電話をスマートフォンに置き換える方がずっと簡単だった。悔しがってます」と当時を振り返り、ニンテンドーDSのポジションをiPhoneに奪われたことが非常に悔しかったようだ。

また講演の中で宮本氏は「ちなみにね、DS(正確にはニンテンドーDS i)にもカメラ付いてたんです。悔しいなあ!」とスマートフォンに覇権を取られたことを根に持っているようだ。

関連:CEDEC2018宮本茂の基調講演 「MMORPGを絶対に作りたくない」

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"CEDEC2018宮本茂の基調講演 「MMORPGを絶対に作りたくない」
宮本茂「タレントスタジオって言うゲームで久夛良木さんを勝手に作って遊んでた」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"CEDEC2018宮本茂の基調講演 「MMORPGを絶対に作りたくない」
宮本茂「タレントスタジオって言うゲームで久夛良木さんを勝手に作って遊んでた」