2018/09/25 17:49:30

0

動画

新潮社の『新潮45』が休刊決定 「部数が低迷し常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現をした」



【簡単に説明すると】
・新潮45が休刊決定
・10月号の特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を巡り批判が殺到
・新潮社の看板に落書きされる騒動に

「新潮45」休刊のお知らせ

新潮45の10月号の特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」を巡り、批判の声が挙がっていた。これをうけて作家や翻訳家が執筆を取りやめたいという意思が相次ぎ、刊行すらも危うい状況。

そんな新潮45が休刊すると正式に発表された。サイトには9月25日付けで、“「新潮45」休刊のお知らせ”が掲載。

「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません」としており、その結果常識と偏見、認識不足に満ちた表現を掲載してしまったとしている。

会社として十分な編集体制を整備しないまま新潮45の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断。

この騒動を巡っては新潮社の看板にイタズラ書きがされる騒動にも発展しており、「あのヘイト本、」という落書きがされていた。現在はブルーシートがかけられており見ることはできない。

関連:【動画】新潮社の看板に「あのヘイト本、」という落書き 現在はブルーシートで覆われる
関連:新潮社の看板に「あのヘイト本、Yonda?」という落書きがされる

「新潮45」休刊のお知らせ

看板に落書き

新潮社の看板 ブルーシート



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"貴乃花親方が相撲協会に退職届け 相撲協会「告発状が事実無根と認めないと廃業にするぞ」と圧力が理由
ソウル市議「公共機関から日本製品を徹底して無くせ!」と使用状況を調査させる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"貴乃花親方が相撲協会に退職届け 相撲協会「告発状が事実無根と認めないと廃業にするぞ」と圧力が理由
ソウル市議「公共機関から日本製品を徹底して無くせ!」と使用状況を調査させる