2018/12/14 16:03:07

0

政治・経済・社会

インドネシアの男性 オンラインギャンブルゲームをしたため公開鞭打ちの刑



【簡単に説明すると】
・インドネシアの男性がオンラインゲームを遊び公開鞭打ち
・遊んでいたのはオンラインギャンブル
・イスラム法ではギャンブルは違法

鞭打ち

インドネシアの西アチェ州に住む男性6人が、オンラインゲームでギャンブルをして、イスラム法である「シャリーア法」違反の容疑で、イスラムモスクの前で群衆が見守る中、鞭打ちの刑となった。男性らはそれぞれ鞭で7~11回殴られたと報じられている。

鞭は籐の茎で作られ、むち打ちの強度がどの程度だったかは知られていないが、男性らは苦痛の表情をしていたという。

アチェ州では現在、賭博、飲酒、同性愛、不倫、麻薬(流通含む)、強盗、などにイスラム法を適応させ鞭打ちを執行し、最悪の場合は死刑となる。一部では人権侵害という非難も起きている。


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】バレンシアガの広告映像がキモ過ぎると話題に 作者「見てる人に不快さを与えたかった」
ロスの学校の壁画が旭日旗に似てるとして削除決定させた在米韓国人団体に対して抗議

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】バレンシアガの広告映像がキモ過ぎると話題に 作者「見てる人に不快さを与えたかった」
ロスの学校の壁画が旭日旗に似てるとして削除決定させた在米韓国人団体に対して抗議