2019/01/05 10:29:10

1

政治・経済・社会

ネットカフェに行きたい少年が両親を殺害するも罪にならず 殺害後に2時間ゲームで遊ぶ



【簡単に説明すると】
・ネットカフェに行きたい中国の少年が両親を殺害
・殺害後に2時間ゲームで遊び2000キロ離れた場所に逃走
・少年は13歳なため刑事罰を受けず

事件現場

中国の雲南省大理市に住む13歳の少年が、1月2日にハンマーで親を殺害したとして逮捕された。

少年は12月31日に、自宅にて51歳の父親と45歳の母親をハンマーで殴打し殺害したという。その理由はネットカフェに行くお金をくれなかったためだ。

少年は親を殺害後に2時間ほどゲームを遊びその後2000キロ離れた場所まで逃走。少年は約40時間の逃走後に逮捕され、調査にて容疑を全て認めたが、刑事罰を受けることはなかった。

中国の法律では刑事処罰は14歳からとなっているが、少年は13歳だったため刑事罰を免れた。

もちろんこの刑事罰を免れた少年に対しては批判が殺到し現地では「刑事罰を可能な年齢を下げろ」という意見まで出ている。


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【レーダー照射】韓国国防省の反論動画が120万再生突破 3万4000コメントに6万の低評価と注目集まる
【動画】マクドナルドで突如客が女性従業員の胸ぐらを掴み暴行 その理由がショボ過ぎる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ネットカフェに行きたい少年が両親を殺害するも罪にならず 殺害後に2時間ゲームで遊ぶ」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    いつから中国で何が起こっても驚かなくなったんだろう
    カメムシから転生して一回目の人間だものしょうがないしょうがない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【レーダー照射】韓国国防省の反論動画が120万再生突破 3万4000コメントに6万の低評価と注目集まる
【動画】マクドナルドで突如客が女性従業員の胸ぐらを掴み暴行 その理由がショボ過ぎる