世界的な恥となったサムスン中国と偽シュプリームとのコラボが中止に ファッションショーも企画していた



【簡単に説明すると】
・サムスン中国が偽シュプリームとコラボで問題に
・やっとコラボの中止が決定
・偽シュプリームはイタリアで商用使用権が認められている

サムスンと偽シュプリーム

サムスン電子の中国法人が12月10日に『Galaxy A8s』を発表し同時にアメリカのブランドSupreme(シュプリーム)とコラボを発表。

最近若者の間で人気のあるSupremeは中国でも同様に人気があり、コラボにより注目を集める物だとおもった。

しかしコラボ相手のSupremeは本家と全く関係無い偽ブランドだったことが発覚。ロゴまでそっくりで偽ブランドに中国法人が騙されたのかと思いきや、サムスン電子中国法人側は偽物と知っていたようだ。本家Supremeはコラボの事実を否定。

サムスン電子中国法人とコラボしたSupremeは米国ではなく、イタリアに本社を置く偽Supremeだった。この偽Supremeはイタリアで行われた本家Supremeとの訴訟で勝ち、イタリアとアジアの一部で商用使用権を得た。つまり法の穴をついて合法的にフェイクブランドを作っていたのだ。もちろん経営者も中国人。

サムスン電子中国法人デジタルマーケティングマネージャーのLeo Lauはウェイボに「本家Supremeとコラボしなかった。サムスン電子のコラボ対象はSupremeNY(本家)ではなくSupreme イタリア(偽物)」と投稿。つまり偽物と知りコラボ提携したようだ(投稿は削除済み)。

そんなコラボから55日が経過。世界的な恥だと言われたこの偽物とのコラボが中止されることになった。このことは2月4日にサムスン中国は自社のウェイボにも投稿され、またサムスンと偽Supremeとでファッションショーも企画していたことが判明。



ウェイボの投稿

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】人気寿司チェーン『くら寿司』の従業員が捌いた魚をゴミ箱に廃棄しそれを拾う行為を動画撮影 炎上まっしぐら
くら寿司の株価が1日で130マイナス 時価総額27億円が消える

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「世界的な恥となったサムスン中国と偽シュプリームとのコラボが中止に ファッションショーも企画していた」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    中国国内の中国人はどうせ偽ブランドを利用するのだから中国国内向けのイベントなら偽ブランドでも構わないでしょ(Leo Lau

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】人気寿司チェーン『くら寿司』の従業員が捌いた魚をゴミ箱に廃棄しそれを拾う行為を動画撮影 炎上まっしぐら
くら寿司の株価が1日で130マイナス 時価総額27億円が消える