ケンタッキーのWi-Fiが繋がらないとクレームをつけ店員を恫喝し商品を強奪 謝罪するも動画撮影



【簡単に説明すると】
・ケンタッキーのWi-Fiが繋がらないとクレーム
・店員を恫喝し無料で商品を出させる
・謝罪するも動画撮影

ケンタッキー 恫喝

ファーストフード店、ケンタッキーフライドチキンの店内のサービスであるWi-Fiが繋がらないとクレームを付け店員を恫喝する動画がTwitterに拡散し炎上している。
その動画はクレーマー本人ではなくクレーマー本人からLINEで送られてきた人が「どんな理由があろうが、やっていい事悪い事があるやろ」と正義感でTwitterに投稿したもの。

動画を見るとWi-Fiが繋がらないと言いクレームを言う客に対して店員は「先ほど電源を確認してきたのですが……」と釈明。すると客は「ごめんで済んだら警察もいらねえよな!」と輩のような発言。

店員は困惑しつつ謝罪しクレーマーの言いなりになり期間限定販売の『パリパリ旨塩チキン』を3ピースを無料で提供させた。提供というより恫喝して強奪させたに近い。

この動画を投稿した人は知り合いから送られてきたはずの動画なのに何故か削除。その後に「彼がケンタッキーに謝罪に言った時の動画です」と謝罪する動画を投稿している。

動画では前回の動画の様な強い口調ではなく「ほんとすいません、食べても宜しいでしょうか?」と弱々しくなっており「店長さんによろしくお願いします。僕が悪いんで本当に……おいしく頂きます」と炎上した件を反省しているようだ。

ただ謝罪するのはわかるが動画撮影の必要はあったのだろうか?
また本人がTwitterで直接弁明なり謝罪しないのは何故だろうか。

関連:ケンタッキーのWi-Fiが繋がらないとクレーム 店員を恫喝し商品を無料で出させる客が炎上
関連:ケンタッキーフライドチキンが「パリパリ旨塩チキン」を発売 マジでパリパリでASMRに最適

投稿者

投稿者



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国のマクドナルドのナゲットで羽根が付いたまま提供
令和元年 超会議でも令和おじさんになりきってみた

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ケンタッキーのWi-Fiが繋がらないとクレームをつけ店員を恫喝し商品を強奪 謝罪するも動画撮影」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    今後も、こいつの乞食態度は、監視が必要だ。投稿者は、こ心ある友人だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国のマクドナルドのナゲットで羽根が付いたまま提供
令和元年 超会議でも令和おじさんになりきってみた