ソニーが折りたたむことが出来るスマートフォン『Xperia F』を2020年に発売か?



【簡単に説明すると】
・ソニーが折りたたみスマートフォンを開発中?
・来年に『Xperia F』をリリースか
・サムスン製有機ELを使用

Xperia F

昨今、ファーウェイやサムスンが折りたたみスマートフォンを発表して話題になっているが、ソニーもその波に乗り遅れないようにと折りたたみスマートフォンを出すのでは無いかと噂になっている。

名前は『Xperia F』と仮の名前がついており「F」はおそらくいフォルダブルフォンの意味を指していると思われる。
画像は昨年末に海外の情報サイトが掲載した想像によるものだが、これに近い形で縦に折りたたむのではないかとの情報だ。

発売は来年発売されるであろう『Xperia 2』の後くらいになるものと思われる。

ディスプレイはサムスン製有機ELを使用。自社の有機EL技術を使わないのは残念だ。ソニーと言えばいち早く有機EL技術に取り組み、有機ELテレビを2007年に世界で初めて発売したメーカーでもある。自社の有機ELを使用するよりもサムスン製有機ELの方がコストが安く、また折りたたむ技術はサムスンに軍配があったということなのだろうか。
シャープも折りたたみディスプレイの技術展示をしているが、折りたたみAQUOSを出すという噂は現時点ではない。

なおサムスンの『Galaxy Fold』はディスプレイに折ったあとが残るという欠陥が発覚したため、発売が7月以降にずれ込む。

関連:サムスンの『Galaxy Fold』が耐久性問題で発売延期 「保護フィルムは剥がしてはダメ」と案内して5月中に発売
関連:サムスンの折りたたみスマートフォン『Galaxy Fold』発表 4月発売で値段は1980ドル

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『大乱闘スマッシュブラザーズ』がアップデートし『VR Kit』に対応! ステージのいろんな場所を見ることが可能
「PlayStation Plus」が価格改定で値上げ 月514円から850円と336円値上げ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『大乱闘スマッシュブラザーズ』がアップデートし『VR Kit』に対応! ステージのいろんな場所を見ることが可能
「PlayStation Plus」が価格改定で値上げ 月514円から850円と336円値上げ