2019/07/25 00:21:14

0

政治・経済・社会

日韓「輸出規制問題」ジュネーブWTO対決 他国の支持を得られず引き分けに



事実上引き分け

日本政府が韓国に対して半導体材料であるフッ化水素輸出規制(ホワイトリストから除外)に対し、世界貿易機関(WTO)一般理事会の議論が24日行われた。

日本側は山上信吾外務省経済局長を代表として伊原純一駐ジュネーブ大使などが出席。

韓国政府代表は、キム・スンホ産業通商資源省新通商秩序戦略室長とジュネーブ代表部大使イ・ミヨン次席大使などが参加した。

韓国代表団は日本の措置がWTO協定違反という点を強調し、日本は「輸出規制ではなく、輸出管理」という立場を主張。しかし、日韓どちらも他国の支持を得られず、初戦は事実上引き分けに終わった。

韓国による日本の被災地からの水産物禁輸に関する紛争を担当したキム・スンホは貿易紛争の専門家で、この際日本は逆転敗訴となった。

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国ユニクロで商品のタオルに落書き被害で捜査に乗り出し 韓国警察「不買運動と無関係では?」
韓国メディア「WTO対決 韓国は日本を追い詰めた」(勝利とは言ってない)

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国ユニクロで商品のタオルに落書き被害で捜査に乗り出し 韓国警察「不買運動と無関係では?」
韓国メディア「WTO対決 韓国は日本を追い詰めた」(勝利とは言ってない)