『iPhone 11』発表 カラバリ豊富でカメラが強化 超広角やナイトモード撮影も可能に





2019年9月11日の2時からアップルの発表会が行われた。
毎年恒例となっている9月のiPhone発表会は今年も例外ではなく、今年は11日に行われた。

予想通り名前は『iPhone 11』でカラーバリエーションは今まで以上に多くなっている。ただ下位モデルなのでデュアルレンズとなっておりその分価格も抑えられている。

1200万画素のウルトラワイドカメラとなっており、超広角に撮影が可能。ポートレートモードが更に強力になり、更にボカシが強い写真撮影が可能となった。

ナイトモードもあり光が無いところでも明るく撮影可能で、自動的にオンになる。

動画も4K、60フレームをサポートし、QUICK TAKEという短い動画の撮影機能も追加された。
フロントカメラも1200万画素になり綺麗なセルフィー撮影が可能となったほか、フロントカメラでも60フレーム動画撮影やスローモーション撮影が可能となった。

『iPhone 11』はA13Bionicを採用しており他社のスマートフォンを圧倒するCPUとなる。

グラフィックス性能も最高のパフォーマンスとなりデモンストレーションが行われた。中国のデベロッパーが開発している『PASCAL’S WAGER』というゲームで、フロムソフトウェアのゲームを意識したようなゲームとなっている。

バッテリー持続時間も1時間長い持続時間を誇るという。

『iPhone 11』は699ドルからとなっている。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"新iPad発表 10.2インチRetinaディスプレイ 329ドルで9月30日発売
『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro MAX』発表 予想通りトリプルカメラ

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"新iPad発表 10.2インチRetinaディスプレイ 329ドルで9月30日発売
『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro MAX』発表 予想通りトリプルカメラ