『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro MAX』発表 予想通りトリプルカメラ





2019年9月11日の2時からアップルの発表会が行われた。
毎年恒例となっている9月のiPhone発表会は今年も例外ではなく、今年は11日に行われた。

予想通り名前は『iPhone 11 Pro』、『iPhone 11 Pro MAX』でトリプルカメラとなっている。カラーは4色からなっており、『iPhone 11 Pro』は5.8インチ『iPhone 11 Pro MAX』は6.5インチとなる。

A13BionicはiPhoneに最適化されており、1兆回の計算をできるようになっているといるほか、マシンラーニングにより効率化も計られている。

バッテリー持続時間は『iPhone 11 Pro』は『iPhone Xs』よりも4時間、『iPhone 11 Pro MAX』は『iPhone Xs MAX』よりも5時間長くなっている。

カメラもf2.0のレンズとなっており、超広角、4倍の光学ズームなどの撮影が可能。『iPhone 11』のようにポートレートモードの強化やナイトモードも搭載されている。
動画撮影については3つのレンズが一貫した撮影が行う。

『iPhone 11 Pro』は999ドル、『iPhone 11 Pro MAX』は1099ドルとなっており、13日から予約開始となる。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『iPhone 11』発表 カラバリ豊富でカメラが強化 超広角やナイトモード撮影も可能に
日本製バルブ関税 WTO扮装で日本が韓国に勝訴 → 韓国メディア「韓国勝訴」と真逆の報道

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『iPhone 11』発表 カラバリ豊富でカメラが強化 超広角やナイトモード撮影も可能に
日本製バルブ関税 WTO扮装で日本が韓国に勝訴 → 韓国メディア「韓国勝訴」と真逆の報道