2019/09/29 22:25:37

3

政治・経済・社会

リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手





韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。
リュ・ソクチュン教授は日本植民地時代を語り慰安婦を「売春女性」とし、加害者は、日本(政府)ではない。慰安婦は売春の一種」と述べた。彼は続いて「慰安婦は日本の民間が主導し、日本は関わっていない」と付け加えた。

これに対して学生が「慰安婦被害者は自主的に行ったものではなく、強制連行されたではないか」と反発し、リュ教授は「生活が困窮している当時は売春の誘惑があった」と回答した。

これに対して韓国民主党内のジョンチュンスク議員は9月22日に「韓国党革新委員長を務めていたリュ教授の妄言と歴史歪曲に全国民が激怒している」と批判した。

またそればかりか警察は、日本植民地時代に日本の従軍慰安婦に対して「売春婦の一種だ」と発言した延世大社会学科のリュ・ソクチュン教授に名誉毀損などの疑いで捜査に乗り出した。
延世大卒業生と在学生は警察の捜査とは別にリュ教授は教授として認めないなどとし、また対策委員会はリュ教授が歴史を歪曲して虚偽の事実を広め、慰安婦被害にあったお年寄りの名誉毀損をした」と告発した。

卒業生らは9月26日の午後に「慰安婦に妄言を放ったリュ・ソクチュン教授を即罷免しろ」という横断幕を持ち抗議活動を行った。


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"犬を強引に引きずる飼い主の動画が拡散 動物虐待ではないかと問題に
高性能なUMPC『MAG1』が登場! 8.9インチの2560x1600で8万7000円

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」発言 警察が捜査に着手」への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    さすが、本当のことを言うと消される韓国
    研究の自由もない国家なんだな

  2. どっちかな より:

    日本と韓国それぞれ訴えられる人と訴える人が逆なんだな

  3. けんたん より:

    恐ろしい言論弾圧国家だ。
    マトモな事を言うと、官民一体の袋叩きにあう。
    戦前の日本より、はるかに悪いんじゃないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"犬を強引に引きずる飼い主の動画が拡散 動物虐待ではないかと問題に
高性能なUMPC『MAG1』が登場! 8.9インチの2560x1600で8万7000円