2019/10/18 19:35:13

0

エンタメ

ユニクロの広告に対して「慰安婦を冒涜してる」といちゃもんが付く ユニクロ「全く無関係」





ユニクロが展開している広告が韓国で問題となっているようだ。フリースの動画広告で13歳の女性が98歳のおばあちゃんに対して「(おばあちゃんが)私の年齢のときはどんな格好をしていたの?」と尋ね「そんな昔のことは忘れたわ(I can not remember that far back)」と答えるという内容の広告だ。

しかしこの動画広告の韓国字幕版が問題となっている。それはおばあちゃんの返事の箇所を「80年以上過ぎたことを覚えてない」と意訳していた。

これを見たネットユーザーが、98歳のおばあさんが韓国の日本植民地時代の80年前を覚えていないと言う箇所をどうやら慰安婦を冒涜しているとこじつけたようだ。

例のごとく、ソ・ギョンドク教授が現れFacebookにて「これは意図しているとしか思え無い広告だ。ユニクロは完全に一線を越えた」としており、また「ユニクロ排除運動」をしようと意見が投稿された。

これに対してユニクロは「98歳と13歳のモデルが世代を超えてユニクロフリースを楽しむという点をより直感的に伝達するために“80年”という数字を入れた。慰安婦問題や日韓関係の意図は全くなく、考えもしなかった」としており、そもそも広告は世界的に展開しているものだと説明。

また差別意図がないように、13歳の女性は黒人、おばあちゃんは白人となっている。

13歳の女性はファッションデザイナーで、98歳のおばあちゃんは服飾品コレクターだ。

続報:ユニクロの広告が「慰安婦を冒涜してる」といちゃもん付けられ大炎上 広告中止する羽目に
関連:韓国パク・ヨンソン「ユニクロ事業の調整対象になる」 事実上締め出しか


ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"教員いじめ問題で「学校給食カレーやめます」 全国のカレー屋が「カレーに罪は無い」と訴え
世界最大の児童ポルノの利用者含と運営者を摘発 利用者の約70%はあの国だった

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"教員いじめ問題で「学校給食カレーやめます」 全国のカレー屋が「カレーに罪は無い」と訴え
世界最大の児童ポルノの利用者含と運営者を摘発 利用者の約70%はあの国だった