世界最大の児童ポルノの利用者含と運営者を摘発 利用者の約70%はあの国だった





世界最大の児童ポルノサイトが摘発され、これまでに38ヵ国、338人の利用者が逮捕された。

アメリカ国土安全保障省の捜査局(HSI)、英国家犯罪対策庁(NCA)など38ヵ国の捜査当局が児童ポルノの配布・所持の疑いで338人を検挙した。

サイト運営者の23歳男性も摘発し、運営者は韓国人だったことが分かった。

検挙された338人の内、223人が韓国人だということが分かり、サイト全体の利用者の内約70%が韓国人だった(正確には66%)。

警察は昨年アメリカ、イギリスなど世界の捜査当局と協力し、捜査を行いサイトを全面的に閉鎖させた。

その後、サイト運営者は児童・青少年の性保護に関する法律違反などの疑いで拘束し、利用者は書類送検となった。サイトを利用していた者の国籍は韓国を筆頭にドイツ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、チェコ、カナダ、アイルランド、スペイン、ブラジル、オーストラリアなどで日本人は現段階では摘発されていない。

運営者は2年8ヶ月前に「Welcome to Video」という名前の児童ポルノサイトを運営し、4000万円を荒稼ぎしていたことがわかった。

このサイトで公開されていた児童ポルノは25万にもなり、接続も全て暗号化されていた。

拘束された各国の容疑者は国ごとに処罰を受けることになる。韓国では1年以下の懲役、または罰金200万円と軽いが、アメリカでは児童ポルノ所持は懲役5~20年となる。

また運営者は児童ポルノ所持では無く配布により、二審で懲役1年6月の判決を受けた(一審では懲役2年、執行猶予3年)。

韓国の警察関係者は「児童ポルノの処罰が他国に比べて軽い。「性的虐待に繋がるように厳罰化しなければいけない」と指摘した。

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ユニクロの広告に対して「慰安婦を冒涜してる」といちゃもんが付く ユニクロ「全く無関係」
ユニクロの広告が「慰安婦を冒涜してる」といちゃもん付けられ大炎上 広告中止する羽目に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ユニクロの広告に対して「慰安婦を冒涜してる」といちゃもんが付く ユニクロ「全く無関係」
ユニクロの広告が「慰安婦を冒涜してる」といちゃもん付けられ大炎上 広告中止する羽目に