2019/10/28 12:47:33

1

政治・経済・社会

韓国公共放送に出演し「日本の嫌韓は韓国が先に反日をしたから」発言の日本人記者





韓国の公共放送KBSに出演した産経新聞の久保田るり子が日本の嫌韓感情について解説した。

10月25日に放送された「時事直撃」という番組にて両国間の関係を論じる場を放送。番組では日本と韓国の記者が2名ずつ参加し、ほかに中野晃朝日新聞論説委員が出演。

その中で、久保田るり子は「日本国内の国民の雰囲気は最悪。韓国を擁護する国民はほとんどおらず、歴代最悪の国家イメージがついている」と語った。続けて「現在日本が反韓感情がここまで酷くなったのは、韓国が先に反日を行ったからだ。韓国人がよく考えて政策の和解の兆しが見えたら日本の嫌韓は必ず消える」と説明。

また韓国メディアは産経新聞のことを“右翼メディア”や“保守メディア”と説明している。


ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"2019年ファーウェイ世界スマートフォン出荷台数が昨年より64日早く2億台突破!
【動画】6歳の子供がダンスの練習 講師が体を柔らかくするために股割り → 下半身麻痺状態に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「韓国公共放送に出演し「日本の嫌韓は韓国が先に反日をしたから」発言の日本人記者」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    どうせ、日本が先に戦争をとか言うんだろうが

    日韓ワールドカップの猿真似旭日旗からスタートしてるからな。

    そもそも反日反韓はやめる必要はないんだよ。
    1000年国交断絶がWin-Winの構図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"2019年ファーウェイ世界スマートフォン出荷台数が昨年より64日早く2億台突破!
【動画】6歳の子供がダンスの練習 講師が体を柔らかくするために股割り → 下半身麻痺状態に