Windowsのブルースクリーンを青色以外の色に変更する方法!

ブルースクリーンの色替え
Windowsで強制終了した際によく見られた青色の画面、通称「ブルースクリーン」と呼ばれるもの。Windows95やWindows98などNT系じゃないカーネルでは頻繁に登場したこの画面。
しかしNT系カーネルになってからお目に掛かる頻度も極端に低くなり、Windows7やWindows8.1になってからその頻度も更に低くなった。

Windowsユーザーにとってはトラウマ的な画面のブルースクリーンだが、実はこの画面の色を変更することが出来るのだ。

マイクロソフト公式のフォーラムに“ブルースクリーンを別の色にする”という記事が掲載されている。この手順でやれば変更できるはず。しかしそう簡単にいかず、レジストリをいじったりデバッグモードで実行する必要がある。レジストリなんて下手に弄れば大変なことになってしまう。

でもどうしてもブルースクリーンの色を変えたいという人のためにボタン一発で変更出来るソフトもある。『Notmyfault』というツールでこれをダウンロードして色指定したあとに「Crash」を押すとブルースクリーンが表示され実際にクラッシュする。

模擬クラッシュといっても実際のクラッシュなので、Windowsはそのまま再起動してしまう。実行する前に大事なデータは保存しておこう。マイクロソフトが配布しているこの『Notmyfault』というツールの本来の使い道は、ドライバーによるクラッシュ原因を特定するための物。色変更はあくまでおまけ機能。

長年のブルースクリーンに飽きた人は試してみてはどうだろうか。

ブルー スクリーンを別の色にする
『Notmyfault』のダウンロード

Notmyfault

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国国歌斉唱中に米出身バスケ選手が歌わずにストレッチし批判 更に中指を立てた写真を投稿し解雇
『ジョジョの奇妙な冒険』アニメで喫煙シーンが真っ黒に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国国歌斉唱中に米出身バスケ選手が歌わずにストレッチし批判 更に中指を立てた写真を投稿し解雇
『ジョジョの奇妙な冒険』アニメで喫煙シーンが真っ黒に