2020/05/10 14:21:10

0

政治・経済・社会

アメリカ在住の中国の研究者 新型コロナウィルスに関する重大な発見をする直前に殺される 犯人も謎の死


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


ビン・リウ

アメリカ在住の中国出身の大学の研究者が、新型コロナウィルスに関連した、重大な発見する直前に殺害されるという事件が起きた。その後犯人も自殺をするという奇妙な事件である。

2日、米ピッツバーグ大学の研究者は銃で射殺され死亡しているのが見つかった。警察は捜査で心中の可能性があると見て捜査していた。撃たれた場所は首、胴体、手足、頭で心中とは思えない痕跡だった。

その後、90メートル離れた場所で犯人らしい男性が車の中で遺体で発見された。男性は自殺とみて捜査している。
容疑者は46歳の中国出身の男性で、一人で研究者の家に行き射殺したものと思われる。事件当時、妻は家にはいなかったため事件には巻き込まれていない。

同大学のコンピューター&システム生物学部の同僚らは死亡した研究者について「新型コロナウイルス感染の根底にある細胞の仕組みと、続く合併症の細胞基盤について、解明に向けた非常に重要な発見をする間近だった」と語った。これが解明されれば動物から発生したのか、人が作ったウィルスなのかも把握できるところだった。

なお研究者と犯人は顔見知りの知人だったという。犯人さえも自殺ではなく第三者に殺された可能性がある。

ソースソース


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"慰安婦被害者から批判された慰安婦団体 次回も予定通り水曜集会を決行
Androidユーザー限定 YouTubeの広告を見なくても済む裏技が発見される

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"慰安婦被害者から批判された慰安婦団体 次回も予定通り水曜集会を決行
Androidユーザー限定 YouTubeの広告を見なくても済む裏技が発見される