「黒人首絞めチャレンジ」がSNSで流行ってしまい批判殺到 投稿が原因で逮捕や解雇される人まで



ジョージ・フロイドチャレンジ

警察官に拘束され窒息死したジョージ・フロイドさん。その影響で全米でデモや暴徒が起きている中、SNSでは「ジョージ・フロイドチャレンジ」なるものが拡散している。

拘束時のポーズを真似てその写真をSNSに投稿、共にジョージ・フロイドチャレンジのハッシュタグまで投稿。
数多くの「ジョージ・フロイドチャレンジ(#GeorgeFloydChallenge)」が行われ現在非難が殺到している。

SNSに投稿した人物の数名は憎悪犯罪の容疑で逮捕されたあとに全員保釈された。しかしSNSで彼らは個人情報を特定され、殺害予告や脅迫を受けている。現在、彼らは警察の保護を受ている状態だ。

ネットユーザーたちは「彼らは何故笑っているのか」「この写真見るだけでイライラする」「人としてあり得ない」「彼らが今度のデモの評的だ」「本当に同じ目にあわせてやる、震えて待ってろ」などのコメントで批判。

中には高校のレスリングコーチも同様の写真を掲載した。彼の写真は拘束された状態で親指を上げて笑っている。彼は「人種差別的な意図はなかった」と釈明したが、この投稿が原因で解雇されてしまった。


ジョージ・フロイドチャレンジ

ジョージ・フロイドチャレンジ

ジョージ・フロイドチャレンジ


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『水曜日のダウンタウン』が特別リモート企画で冒険しすぎて話題に
警察に取り押さえられ死亡したた黒人男性ジョージ・フロイドさん 新型コロナウィルスに感染していたと発表

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『水曜日のダウンタウン』が特別リモート企画で冒険しすぎて話題に
警察に取り押さえられ死亡したた黒人男性ジョージ・フロイドさん 新型コロナウィルスに感染していたと発表