2020/06/08 12:27:15

0

政治・経済・社会

サムスンの副会長が再逮捕の危機 サムスン関連企業の粉飾疑惑にも関与か



イ・ジェヨン副会長

今や世界的な企業となったサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が再び逮捕される危機に面している。

弾劾された朴槿恵元大統領に賄賂を与えていた疑いで、2017年12月に拘束されており、それから3年4ヶ月ぶりに再度拘束される危機にあるという。今日にも逮捕令状が出れば2年4ヶ月ぶりに法廷に拘束される。

6月8日午前、イ・ジェヨン副会長は令状の事実確認と実質審査のためソウル瑞草区(ソチョグ)にあるソウル中央地方裁判所に姿を現した。

イ・ジェヨン副会長はマスクをつけたまま出頭し、取材陣の質問に一切答えずに庁舎内部に向かった。

令状実質審査は、ウォン·ジョンスク部長判事が引き受ける。ソウル裁判所総合庁舎西館321号法廷で、イ・ジェヨン副会長、チェ·ジソン前サムスン未来戦略室長、キム·ジョンジュン前米電室戦略チーム長に対する令状実質審査が一度に行われる。

彼らに対する拘束および非拘束の可否は、今日(8日)深夜、または明日(9日)明け方に出るものとみられる。

これに先立ち、検察は2018年7月と11月、金融監督委員会と証券先物委員会にサムスンバイオロジックスの粉飾会計疑惑と関連した告発状を受け付けた後、捜査に着手した。

捜査結果をもとに検察は、2015年にあったサムスン物産と第一毛織の合併とその後、サムスンバイオロジックスの会計処理がイ・ジェヨン副会長の経営権継承に有利に処理されたと見ている。また、支配力強化のために組織的な不法行為が行われたと検察は見ている。

イ・ジェヨン副会長は関連疑惑を全面的に否定し、「報告を受けたり指示した事実はまったくない」という内容の供述をしたという。

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"慰安婦団体元理事長ユン・ミヒャン「死んだ所長は検察とマスコミに苦しめられ死んだ」と非難 → 「お前が殺した」の声多数
「スタバの紙ストローとプラスチックの入れ物逆にしてほしい」そんなツイートが話題になり8万いいね

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"慰安婦団体元理事長ユン・ミヒャン「死んだ所長は検察とマスコミに苦しめられ死んだ」と非難 → 「お前が殺した」の声多数
「スタバの紙ストローとプラスチックの入れ物逆にしてほしい」そんなツイートが話題になり8万いいね