海外の大手小売店のサイトにPS5の価格を掲載! この値段が本当ならマジで売れそう



PlatStation5の値段

海外の大手小売店「Target」がウェブサイトに『Play Station5』の価格を掲載した。

掲載されていたのはDL版専用となるデジタルエディションの方で、お値段は399ドル。日本円にすると4万3000円程だが、本当にこの価格を実現できるのか。

一方、気になるディスクドライブがあるスタンダード版は数千円~1万円ほど高くなりそうだ。

もちろんこれらの価格はショップが勝手に付けている値段で、SIEが正式に発表した値段ではない。世界各地のオンラインショップで599ユーロ(約8万円)だと言われていたり、様々な値段が飛び交っている。
またストレージ容量は「2TB」と書かれているが、SIEは825GBとしか発表しておらず、それ以外の容量以外については一切言及していない。

SSDに関してはSIEは早くアクセス出来ることを常々語っており、PCI Express3.0のSSD(3.5GB/s)より高速な5.5GB/sになるという。いわゆるPCI Express4.0をチューンナップしたものだ。ただ年末には新たな規格となる7GB/sクラスのSSDが登場し、それよりかは劣ってしまう。

先日の発表会で初めて本体が明かされたが気になる発売日とお値段は、もう少し先に発表となるようだ。

関連:『Play Station5』発表会まとめ 『デモンズソウル』に『バイオハザード8』 本体画像もお披露目


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"今日放送の『マツコ会議』に本田翼が出演し『あつまれ どうぶつの森』をプレイ
手術ゲーム『Surgeon Simulator』の続編が登場! 今度は4人共同プレイ可能 Epic Storeで予約開始

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"今日放送の『マツコ会議』に本田翼が出演し『あつまれ どうぶつの森』をプレイ
手術ゲーム『Surgeon Simulator』の続編が登場! 今度は4人共同プレイ可能 Epic Storeで予約開始
//valuecommerce //popin //popin amp