【ゴゴデジ】iPad用スタイラスペン『Pencil』を使ってみた

Pencil
先日日本での国内販売が発表されたiPad用スタイラスペン『Pencil』。そんな『Pencil』が編集部に届いたので早速使ってみた。『Pencil』は実際のペンのような素材で作られており、スケッチ感覚でiPadにイラストを描くことが可能。
こちらはFiftyThree社が販売した製品で、同社のアプリ『Paper』に対応するほか、『Adobe Illustrator Line』、『Adobe Photoshop Sketch』、『Procreate』、『Noteshelf』などに対応。

機能は次の通り。

・面圧感知機能: スクリーンに当てるペン先の角度を変えることで、設定なしで様々な太さのラインを表現することが可能。
・パームリジェクション: 画面に手をついたまま描画することが可能。
・ブレンド機能: BluetoothでPencilを接続した状態であれば、紙に鉛筆で書いたものをぼかすように、指で画面をなでることで線をぼかしたり、色を混ぜたりすることが可能。
・消しゴム機能: 鉛筆に消しゴムが備え付けられているように、ペン先の反対側に搭載された消しゴムを利用して、書いた絵や文字を消すことが可能。

充電はUSBで行い90分の充電で約1か月利用可能。先端部分を引っ張るとUSBが取り出せるのでそこをUSBに差し込み充電。充電中はオレンジに点灯し、充電が完了すると緑色になる。
接続はBluetoothで行いiPadのBluetoothをオンにするとペンは自動的に接続される。特に認証IDも必要としない。

ペンのほかに反対側は消しゴムとして使うことも出来る。ただ消しゴムはアプリ内で消しゴムツールを選択してからでないと役割を果たさない。またペン側でも消しゴムとして使えるため、接地面の大きな反対だと消しゴムとして使いやすい程度だろう。

値段はGoldとWalnutが9072円、Graphiteが8424円となっている。

iPad用スタイラスペン『Pencil』を使ってみた(YouTube)

Pencil

Pencil

Pencil

『Pencil』(Apple Store)
Paper by FiftyThree(AppStore)

  

関連記事

【ゴゴデジ】様々な太さが表現出来るiPad用スタイラスペン『Pencil』が国内でリリース! 絵描きにお勧め

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"大阪桐蔭高校の5億円裏金問題 体調不良を理由にヒアリング拒否し都合よくパソコンのデータ壊れる
【悲報】ニコニコアプリ『魔法少女まどか☆マギカ オンライン』がサービス終了発表 課金しまくった人残念

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「【ゴゴデジ】iPad用スタイラスペン『Pencil』を使ってみた」への1件のフィードバック

  1. @b_worldnews より:

    【ゴゴデジ】iPad用スタイラスペン『Pencil』を使ってみた: 先日日本での国内販売が発表されたiPad用スタイラスペン『Pencil』。そんな … 続きを読む » http://t.co/52InGnNCHx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"大阪桐蔭高校の5億円裏金問題 体調不良を理由にヒアリング拒否し都合よくパソコンのデータ壊れる
【悲報】ニコニコアプリ『魔法少女まどか☆マギカ オンライン』がサービス終了発表 課金しまくった人残念