2020/07/20 17:36:23

0

エンタメ

決壊の危機と言われる中国の三峡ダム 中央部分が歪みだす 中国政府「なんら問題無い」


FANZA 在宅応援の10円セール開催中第2弾は22日~29日まで


三峡ダムの歪み

連日の大雨により中国の長江中流域の湖北省にある大型重力式コンクリートダム、三峡ダムが観測史上最も高い水位を記録した。

それだけでなく警戒水位を6メートルをこえており、上空から見たところダムが歪んできているという。水の重みでコンクリートダムが歪んでしまったようで、中国公式メディアと中国政府もこの歪みについて認めているという。

現在「長江2020第2洪水」が発生しており、三峡ダムの貯水池の流入量は急増。17日時点で毎秒33000立方メートルとなり、洪水滞留率は45%を超え、三峡ダムの貯水池の水位は160メートルを超えた。これにより貯水限界値を15メートルも超えている。

ただこの三峡ダムの歪みに対して中国側は「問題無い」と繰り返している。今まで三峡ダムの歪みや破損などを認めてこなかった中国政府だが今回の歪みをようやく認めたことになる。

関連:中国の三峡ダムが決壊の危機 決壊すれば上海や武漢などが大洪水で最大6億人に被害が? 日本にも影響が

※画像は今回の歪みとは関係ないもの。

ソース


コメントする(匿名可)




誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"自殺した三浦春馬に集まるマスコミを住民が撮影 とんでもない数だと話題に
A5ランク黒毛和牛が食べ放題の『銀座のステーキ』渋谷店がオープン 試食会に行ってきた

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"自殺した三浦春馬に集まるマスコミを住民が撮影 とんでもない数だと話題に
A5ランク黒毛和牛が食べ放題の『銀座のステーキ』渋谷店がオープン 試食会に行ってきた