5Gサービス速度1位はサウジアラビア 最下位はアメリカ



主要15ヵ国の5G速度

イギリスの通信サービス市場調査専門機関、オープンシグナルが20日に5Gサービス比較評価レポートを発表した。

それによると5G平均速度が最も早いのはサウジアラビアの377.2Mbpsだった。2位は韓国の336.1Mbpsと僅差。
調査対象国は全15か国で最下位はアメリカとなっている。

5G接続可能時間もサウジアラビアが37%で最も高い数字となった。電波到達距離が短い5Gの特性上、サービスエリアが平らで高い建物が多くない、サウジアラビアの場合、評価で有利だったと分析している。

アメリカでは10月23日に発売する『iPhone12』及び『iPhone12 Pro』が5Gに対応しベライゾンのウルトラワイドバンド(28GHz)が一部地域で使えるが、アメリカ全土の対応状況はわずか0.4%に止まっているという。

このウルトラワイドバンドはアメリカで売られる『iPhone12』シリーズしか対応しておらず、対応時には5Gマークの隣にUWというマークが表示され、その他の国は『iPhone12』でも6GHzの5Gとなっている。


5G速度調査

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"『鬼滅の刃』ブームで着ることが出来なくなった服 「ブームで着れなくなった」「一生着ることができなくなった」
マイクロソフト iOSアプリでXboxのリモートプレイが可能に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"『鬼滅の刃』ブームで着ることが出来なくなった服 「ブームで着れなくなった」「一生着ることができなくなった」
マイクロソフト iOSアプリでXboxのリモートプレイが可能に