2020/11/11 15:06:44

0

エンタメ

夢の高速輸送機 ハイパーループの初の有人走行試験が成功 中国「うちは4000kmだぞ!」



ハイパーループ 有人走行試験

未来の高速輸送機として期待されている高速真空列車、ハイパーループの世界初の有人走行試験がアメリカで行われた。

有人走行試験には会社の経営陣であるジョージ・ジゴル最高技術責任者(CTO)ともう1人体験者との2人での試験となった。

座ってシートベルトを締めるのはもちろんのこと、座席の横にはかなり小さい窓が確認できる。

試験が開始されると、彼らを乗せた試験車は15秒で長さ500mの試験トンネルを走破し、最高速度時速172㎞を記録した。これは試験区間が短く、それ以上の速度が出せないためだ。

ハイパーループはまだ証明されていない運送手段であるが、列車に乗った乗客は、真空管の中を最高速度時速966㎞で移動することができていることが分かった。これは、システムに磁気浮上などの技術を使用したおかげである。

大阪から東京までも30分ほどで行ける速度で、公式にもニューヨークからワシントンまで30分掛からないと説明している。これは商用ジェット機よりも2倍速い。

ハイパーループはアメリカの都市部を結ぶことを目標としているが、同時に乗れるのは25~30人だという。

2025年~2026年までにこの輸送手段の承認を得たいとしている。

似たような輸送手段はほかでも開発しており、中国もこの方法で最高時速4000kmの「真空リニア」を開発しているという。こちらは2020~2030年の実用化を目指している。
このほかにも中国は「スーパーリニア」と呼ばれる時速1000kmの高速列車も開発している。


ハイパーループ 有人走行試験

ハイパーループ 有人走行試験


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"19歳の美女が89歳の老人と結婚 実は男性は重度の認知症で資産家だった
ユダヤ人はお金持ちでギャンブル好き?

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"19歳の美女が89歳の老人と結婚 実は男性は重度の認知症で資産家だった
ユダヤ人はお金持ちでギャンブル好き?
//valuecommerce //popin //popin amp