2020/12/09 16:05:05

1

エンタメ

HUAWEIの顔認識AIシステム ウイグル民族を発見すると警報がなり通報する仕組みに



ウイグル検出顔認識

HUAWEIが政府のために開発したAI顔認識システム。これはスマートフォンなど民間で販売されているものではなく、駅や空港、町などに設置されるAI顔認識システム。
これの開発をHUAWEIが行っており、その驚くべき機能はウイグル民族を判別する機能だ。

カメラがウイグル民族を発見すると「ウイグルアラート」が鳴り警察に通報するシステムとなっている。

ウイグル民族は約2600万人がおり中国政府により弾圧されている。話す言葉も中国のどの言葉とも異なりトルコに近い言語を使用。また宗教も半分近くがイスラム教徒で、チベットのように自治区に定められているが、実際は北京の中央政府の行政力が強く及んでいる。

今回のこの顔認識システムは少数民族をカメラで判別できる監視網を作るというものだ。
またこのシステムにはHUAWEIだけでなくクアルコムも投資した資金が流れていることが判明している。

今回の顔認識システムの「社外秘」の一部の資料は表に出て、ウイグルを検出しようとしていたことが発覚。

ただこれに対してHUAWEIの広報は「単にテストしていただけで実際にリリースされたことはない。HUAWEIはカスタムされたアルゴリズムやアプリケーションを提供していない」と否定した。

続報:フランスのサッカー選手アントワーヌ・グリーズマンがHUAWEIとのスポンサー契約を解除 ウイグル差別ソフト開発が原因


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"口から泡を吹いて倒れるインドの謎の集団感染病 重金属中毒が原因か?
インドネシアで巨大タコを飛ばす 少年が一緒に飛ばされて大怪我

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「HUAWEIの顔認識AIシステム ウイグル民族を発見すると警報がなり通報する仕組みに」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    これもうホロコーストだろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"口から泡を吹いて倒れるインドの謎の集団感染病 重金属中毒が原因か?
インドネシアで巨大タコを飛ばす 少年が一緒に飛ばされて大怪我
//valuecommerce //popin //popin amp