2020/12/11 13:41:25

0

エンタメ

フランスのサッカー選手アントワーヌ・グリーズマンがHUAWEIとのスポンサー契約を解除 ウイグル差別ソフト開発が原因



アントワーヌ・グリーズマン

フランスのサッカー選手、アントワーヌ・グリーズマン(29)自身とのスポンサー契約を結んでいたHUAWEIと契約を解除したことを発表した。

理由としては先日発覚した、HUAWEIが開発したAI顔認識システムが。これはウイグル民族を検出し「ウイグルアラート」の警告を鳴らすというもの。発見時は警察に通報するという機能まで備わっている。

これに対してHUAWEIは「テストしただけ」としているが、資料まで流出してしまった。

グリーズマンは「できるだけ早く措置を取ってこうした弾圧行為を批判し、私が持つ影響力でなんとかしたい」という考えも明らかにした。

これに対してHUAWEIは「グリーズマンの決定は悲しい。該当ソフトウェアはまだ試験段階だった。私たちは人種差別を誘発するいかなるソフトウェアも開発していない」と語った。

関連:HUAWEIの顔認識AIシステム ウイグル民族を発見すると警報がなり通報する仕組みに


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"メキシコ リモートワーク時の「ログアウトの権利」の労働法を策定
ソフトバンク傘下のボストンダイナミクス ヒュンダイが買収

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"メキシコ リモートワーク時の「ログアウトの権利」の労働法を策定
ソフトバンク傘下のボストンダイナミクス ヒュンダイが買収
//valuecommerce //popin //popin amp