ソフトバンクが5G対応で2980円の料金プラン「SoftBank on LINE」を発表 来年3月より



SoftBank on LINE

ソフトバンクがMVNOのLINEモバイルを吸収する形でMNOとなった「SoftBank on LINE」を発表。これはソフトバンクの内部ブランド及びオンライン専用プラン。

今までみたいに店舗での受け付けはなく、ドコモのahamoと同じくネットのみの申し込みとなる。

料金もほぼahamoと同じで、毎月20GBのデータ容量で2980円、更に5分間の無料通話が付く。ahamoと違うのはLINEでのデータ容量はカウントされない「LINEがギガノーカウント」があるところだ。

ソフトバンクは既にサブブランドのY!mobileがあるが、それとどう棲み分けるか気になるところだ。



プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ガクトとローランドのブランド「G&R」を立ち上げたdazzyの代表である下井大学とは? 謎の交流関係に羽振りの良さ
アップルが2024年までに自律走行型電気自動車生産か

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ガクトとローランドのブランド「G&R」を立ち上げたdazzyの代表である下井大学とは? 謎の交流関係に羽振りの良さ
アップルが2024年までに自律走行型電気自動車生産か
//valuecommerce //popin //popin amp