アップルが2024年までに自律走行型電気自動車生産か



アップル 自律走行電気自動車

iPhoneで有名な世界的な企業のアップルが台湾メーカーのTSMCと協力し、電気自動車を開発しているという。早ければ2024年までに生産に入るという。

アップルは過去に既に一度「プロジェクトタイタン」という車のコンセプトカーを披露したことがある。しかしその後音沙汰が無かったように思っていたが実は昨年から車開発プロジェクトを再スタートしていたようだ。

課題となるのはバッテリーで、リチウムイオン電池よりも更に効率の良いリチウムリン酸鉄(LFP)バッテリーを採用する可能性があるという。

また自律走行電気自動車はアップルだけでなく、台湾メーカーのTSMCと協力しての開発となるようだ。特に自律走行チップをTSMCに任せるとのこと。

数年後には車の発売日に行列ができ、店員と客とでハイタッチをしていそうだ。


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ソフトバンクが5G対応で2980円の料金プラン「SoftBank on LINE」を発表 来年3月より
【動画】牛「お、雪降ってきた!食べたろ」 雪を必死で食べようとする牛の映像が話題に

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ソフトバンクが5G対応で2980円の料金プラン「SoftBank on LINE」を発表 来年3月より
【動画】牛「お、雪降ってきた!食べたろ」 雪を必死で食べようとする牛の映像が話題に