全米で公開されたばかりの『鬼滅の刃 無限列車編』 映画公開1週間でネット配信される 担当のミス疑惑浮上



鬼滅の刃 フライング公開

全米で4月23日に公開されたばかりの『鬼滅の刃 無限列車編(Demon Slayer – Mugen Train)』。人気も上々でアニメファンばかりではなくアニメに関心が無かった人も見に行っているという。

しかしここにきて突如としてネット配信が開始されてしまったのだ。開始されたのはPSNのサービス「PlayStation Video」でオリジナルの日本語版が配信開始。タイトルにも「Demon Slayer – Kimetsu no Yaiba The Movie: Mugen Train(Original Japanese Languages Version)」と書かれている。また別のTwitterの投稿によると英語吹き替え版も配信されていたという。

HD版が12.99ドルでSD版が9.99ドル。実際にお金を払って最後まで視聴出来てしまったという人も続出。

現在はこの作品は消されており、また調査によると正式な公開日は6月22日だったことからソニー側のミスの可能性が高い。

23日に劇場公開されたばかりの『鬼滅の刃 無限列車編』が1週間も経たずして、ネット配信開始。現在は購入も視聴も出来ないが見れた人は非常にラッキーだったのではないだろうか。



鬼滅の刃 フライング公開


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Ankerとして日本向け製品初の「Made For Amazon」認定製品! 『Fire HD 10 Plus用 Anker ワイヤレス充電スタンド』の予約販売が開始
紀州のドン・ファンこと野崎の元妻が出演していたセクシービデオ 皮肉にも週間と日間で1位になってしまう

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Ankerとして日本向け製品初の「Made For Amazon」認定製品! 『Fire HD 10 Plus用 Anker ワイヤレス充電スタンド』の予約販売が開始
紀州のドン・ファンこと野崎の元妻が出演していたセクシービデオ 皮肉にも週間と日間で1位になってしまう
//valuecommerce //popin //popin amp