Apple iPadOS15発表 「Quick Note」に使いやすくなった「スプリットビュー」



iPadOS15

iOS15の発表に続いてiPadOS15の発表が行われた。

ウィジェットがアプリと混同して好きに配置できるようになり、よりカスタマイズしやすくなったといっていいだろう。

・操作しやすくなったスプリットビュー

画面を2つに分割して使う「スプリットビュー」、これは慣れないと2つのアプリをくっつけたりするのが難しかったりするが、それらの操作が容易にかった。またスプリットビューで開いているアプリ一覧がタスクとして表示されるようになった。

・Quick Note

画面右下からスワイプして簡単にメモを取ることができる「Quick Note」だ。すぐに控えたい電話番号や名前などメモ帳を立ち上げるまでも無いときに使用する。Quick Noteは自動的に保存され、一覧の閲覧が可能。


iPadOS15


プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Apple WWDCでiOS15発表 刷新された通知とFaceTimeなど
お金についての歌から学べる「賭け事」に対する姿勢

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Apple WWDCでiOS15発表 刷新された通知とFaceTimeなど
お金についての歌から学べる「賭け事」に対する姿勢
//valuecommerce //popin //popin amp