壊れたカヤックをコンドームで応急修理 見事に金メダル獲得!


ジェシカ・フォックス


オーストラリアの女子カヤック選手が29日に金メダルを獲得した。しかしこのカヤック選手、ジェシカ・フォックス(27)はとあることでも話題になっている。

ジェシカはオリンピックのカヤック予選を控えていた23日、自分のInstagramに1つの映像を載せた。映像では医療用によく使われる青色のゴム手袋をはめ、カヤックの先端に“炭素混合物(carbon mixture)”という物質を付着する。その後、他の人がコンドームを引き伸ばして炭素混合物の上にかぶせる。

ジェシカは「コンドームをカヤック修理に使うということは誰も知らないでしょう。非常によく伸びて、しかも丈夫で滑らかに仕上がる」と字幕をつけた。ネットユーザーは「間違いなく“安全”」、「そのために選手村で配布するのか!」、「潤滑油のない製品でなければならない」などと、面白がってコメントした。

映像の中のコンドームが五輪組織委側で配布したものなのかは確認されていない。 五輪を控え、組織委はコンドーム16万個を準備したというが、コロナ拡散防止のため帰国時に支給する方針だという。

ジェシカはコンドームでカヤックを修理し見事に銅メダルを獲得。その後に金メダルも見事に獲得したのだ。


コメントする(匿名可)




ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国人女性が女性専用車両を設けるように要求するも中国政府が拒否 「男を差別するな、ラッシュ時にみんな困るだろ」
賭ケグルイ:ギャンブルについて日本のアニメから参考になるもの

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国人女性が女性専用車両を設けるように要求するも中国政府が拒否 「男を差別するな、ラッシュ時にみんな困るだろ」
賭ケグルイ:ギャンブルについて日本のアニメから参考になるもの
//valuecommerce //popin //popin amp