LINEで相手に自分IDやQRを教える事無く登録してもらえる裏技 これはガチで便利


LINE


LINEをやっている際に電話帳に登録していない人はIDかQRコード、2020年5月以前は同じ場所で「ふりふり」する必要がある(現在この機能は廃止)。
しかしそんなことをしなくても自分のLINE IDのURLを発行出来てしまうという裏技を今回紹介したい。

このLINE IDのURLというはそのURLをPCからクリックするとQRコードが表示、LINEがインストールされているスマートフォンでそのURLをクリックすると友達に追加画面が表示される。

・URLの生成方法

LINE IDのURLはLINEアプリから作ることが可能。「友達追加」画面で「招待」を選択しよう。SMSとEmailの2つの選択項目が出てくるのでここは「Email」を選択。誰でも良いのでEmailで招待しよう(実際には招待はしないので大丈夫)。

するとメール送信画面が表示され「LINEで一緒に話そう!」という件名のメールが作られてるはずだ。中身はQRコードやLINEのダウンロード場所が書かれている。

その本文の最後に「下記をクリックするか、添付のQRコードをスキャンしてください」と書かれているだろう(http://line.me/ti/p/xxxxxxxxx という形式)。これが自分のLINE IDに招待するURLだ。

ネット越しの友達にIDを追加して貰う際はIDを教えるよりもこのURLを送った方が、断然便利。
メールに書かれて居るURLはスマホのメモ帳やクラウドメモに保存しておけば便利だぞ。メモが終えたらメールの下書きは削除しても大丈夫。このURLを見る唯一の手段なのだ。

ただネット上に不用意に晒すといろんな人から登録が来るので注意。知り合いだけに教えるようにしよう。

招待を追加

Emailを選択

誰でも良い

URLをメモっておく



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"立花孝志がまたも党名を変更 今度は「NHKの裁判に勝ってしまった党」
家から失踪したと思われた亀 12年ぶりにベッドの下で発見される

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"立花孝志がまたも党名を変更 今度は「NHKの裁判に勝ってしまった党」
家から失踪したと思われた亀 12年ぶりにベッドの下で発見される
//valuecommerce //popin //popin amp