NPO日本吃音協会が『水曜日のダウンタウン』に対して抗議 「吃音者に対する差別と偏見を助長するもの」→抗議に抗議殺到


NPO法人日本吃音協会


NPO法人日本吃音協会は『水曜日のダウンタウン(TBS系)』の7月6日の放送内容に対して抗議文を送ったとTwitterで発表。

同協会は「吃音者に対する差別と偏見を助長するものであり、再発防止と番組制作の基準・指針の見直しを要求しました」としている。

番組内容はチャンス大城がインタレスティングたけしを怒り帰らせるという内容で、どれだけ早く帰らせるか競うという企画。
協会はインタレスティングたけしの吃音を差別だとして抗議している。

しかしこの抗議に対して、多くの批判が集まっており「番組内で吃音なんて一言も出てない」、「拡大解釈しすぎだろ」、「インたけがテレビに出れなくなっちゃうじゃん」、「本人吃音気にしないでテレビに出てると思うんだけどなぁ」、「協会が差別と偏見を生み出してることに気づいてほしい」、「抗議の取下げを検討して頂きたいです」、「日テレの24時間テレビには何故か抗議しない団体ども」と抗議に対して抗議が殺到している。

編集部も同回の番組を見ていたが、吃音に触れる場面は無くドッキリを遂行しているだけであった。これを日本吃音協会は「吃音に対する差別」と判断し、抗議文を送ったのだろう。

続報:日本吃音協会『水曜日のダウンタウン』の抗議で批判殺到し声明文発表 「番組に悪意があるとは思って無い、むしろ芸人を応援したい」

吃音協会へのリプライ

吃音協会へのリプライ

吃音協会へのリプライ

コメントする(匿名可)




ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"夏にチャレンジしたいスポーツベッティングとは?
日本国内で『Steam Deck』の予約開始 59800円~

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"夏にチャレンジしたいスポーツベッティングとは?
日本国内で『Steam Deck』の予約開始 59800円~
//valuecommerce //popin //popin amp