日本のiPhone 14価格がアメリカを抜いて世界最安値へ【価格調査】


iphone14


最安国を1位、最高国を最下位とするランキングにおいて、これまで2位だった日本の『iPhone 14』 128GBモデルの価格が本日9月22日時点でアメリカを抜き、世界最安値になったことがわかりました。この結果は、毎日更新される為替レートで、現地通貨価格から任意の通貨に通貨換算が行われる私たちの『iPhone 14』シリーズの価格表によるものです。また本調査結果は、本日15時17分時点の為替レートに基づきます。

iPhone14 世界の価格

※アメリカ、カナダは購入場所によって税率が異なるため、税が最も安い場所で購入した場合と、税が最も高い場所で購入した場合の2つの価格を価格比較に使用しています。

これまでも実質世界最安だった日本のiPhone 14

これまで私たちの価格表で世界で2番目に安いとされていた日本も、『iPhone 14』シリーズが発表された時点で世界最安と言っても過言ではない状況でした。これは、世界で1番安いとされたアメリカの価格が、アメリカ全50州の中の、わずか4州の消費税非課税地域で購入した場合の、いわば「特別価格」であり、全米の平均消費税率は約10%となっています。日本の税込価格と、製品発表当時のレート、1ドル144円で日本円に換算した全米の税込平均価格を比較すると、日本の『iPhone 14』128GBの価格が税込11万9,800円に対して、全米の税込平均価格は13万1,313円となり、製品発表時点で1万円以上の差で日本の方が安かったことになります。このように全米の平均価格と比較すると、iPhone 14シリーズすべてのモデルで、当初から日本が最安という状況でした。『iPhone 14』シリーズの発表からまだ2週間程度しか経っていませんが、本調査結果は『iPhone 14』シリーズの値上げにまた一歩近づいたことを印象付けるものと言えるでしょう。

出展:https://www.nukeni.com/ja/apple/iphone/iphone14

調査概要

・調査機関:個人調べ
・調査対象:価格を取得できた37か国
・調査方法:価格を公開している各国アップルウェブサイト

コメントする(匿名可)




ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Soundcoreの新シリーズ「Space (スペース) 」より最大50時間再生が可能な『Soundcore Space A40』を含む2製品を発売
【動画】テスラ車のAIが馬車を認識出来ずに混乱してしまう 見たこと無い物体に人、車、トラックと誤認

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Soundcoreの新シリーズ「Space (スペース) 」より最大50時間再生が可能な『Soundcore Space A40』を含む2製品を発売
【動画】テスラ車のAIが馬車を認識出来ずに混乱してしまう 見たこと無い物体に人、車、トラックと誤認
//valuecommerce //popin //popin amp