VAIOが新製品「VAIO F」シリーズを発表 最速レビューをしてみた


VAIO F14



VAIOが新シリーズとして14インチの「VAIO F14」、16インチの「VAIO F16」の2機種を2023年3月29日に発表した。個人向けはカラーバリエーションがサテンゴールド、ネイビーブルー、ウォームホワイトの3色となっている。今回、ゴゴ通信は発表に先駆けて「VAIO F14」のネイビーブルーをお借りすることが出来たのでレビューしてみたい。
カラーバリエーション

カラーバリエーション

性能は以下の通りだ。

VAIO F14 ※ネイビーブルーの場合
ディスプレイ:14.0型(16:9)
解像度:1920×1080
CPU:Intel Corei7 13世代 1355U
メモリ:LPDDR 32GB
ストレージ:SSD 1TB

・性能あれこれ

また「VAIO F16」の場合は画面が16.0型(16:10)、解像度が1920×1200となり、キーボードもテンキー付きとなる。重さは「VAIO F14」が約1.34kg、「VAIO F16」は約1.65kgとなりバッテリー駆動時間はJEITA測定法2.0で約16時間。
画面は180度まで開き打ち合わせの際に相手に見せることが可能なほか、「Fn+2」の専用ショートカットを押すことにより対面している側に見やすいように画面が回転する。部品も国産を使用しており、バッテリーはTDK株式会社、冷却ファンはNidec社の物を採用。

Windows起動時のログインはストレスがないように指紋認証、または顔認証でログイン可能だ。指紋認証は電源ボタン一体型となっている。内蔵ウェブカメラにはカメラシャッターがついており、見られたくないときは物理的にカメラをオフに可能。物理シャッターと言ってもソフトウェア側でシャッターが閉じられていることはちゃんと検知されており、カメラ作動中にシャッターを閉じるとシャッターが閉じられた旨の表示がされる。

指紋認証

指紋認証

・CPU性能はかなり良い

実際にCPU性能はいかほどか? 「CHINEBENCH R23」で測定したところマルチコアのスコアが5498となっており第11世代 Corei7 11300H(ハイパフォーマンス版)の5349よりも上となる。2世代前のCPUと同程度かと思われてしまうが、こちらは型番が「1355U」となっており超低消費電力版となる。同じCPUでもデスクトップ、モバイル版と分かれており、更に末尾のアルファベットによってパフォーマンスがことなる。
なおシングルコアのスコアは1806とこっちの方がパフォーマンスを発揮していた。モバイルCPUの順位で言えばCPU名称Intel Core i9-12900HK(1938)に次いでIntel Core i7-12700Hと同列2位となる。
改めて「VAIO F14」ネイビーブルーのCPUの説明をすると、Intel Corei7 1335Uとなっており、10コア、12スレッドとなっている。

Cinebench R23

Cinebench R23

・ゲームは可能なのか?

ただゲームなど処理が重たいゲームには不向きだろう。GPUが搭載されているわけでないのでハイエンドグラフィックなゲームは動作すら困難だ。
ということで実際に「ファイナルファンタジー15ベンチマーク」で検証してみた。動作すらままならないだろうと思っていたら……。意外と普通に動いて驚きだ。動作は1920×1080、標準品質設定。流石に60フレームとまでは行かないものの、15~20フレームは出ていた。どうやらCPUでゴリ推しして動作させているようだ。処理が重たいで有名な「ファイナルファンタジー15ベンチマーク」にてGPU未搭載のノートパソコンでここまで動けば上出来だ。軽い3Dゲームなら遊べるのではないだろうか。なお最終的なスコアは2141で「重い」だった。これは仕方ないだろう。
FF15_bench

・本体装備

本体の気になる装備は、左にACアダプタ差込口、USB-A、3.5ミリジャック、microSDカードスロット、右には、USB-C、USB-Ax2、有線LAN、HDMIとかなり豊富だ。またACアダプタが付属するものの、パワーデリバリー対応でUSB-Cにより充電も可能。ACアダプターを持ち運ぶのが面倒な方や、コンセントの無い場所で充電したい方には有り難い。
左右
ACアダプター

・打ちやすいキーボード

キーボードは少し凹んだような形をしており、指紋が付きにくい耐指紋、防汚処理とUV硬化塗装でキーボードのボタンひとつひとつをコーティングされており、激しい入力により文字が消えるということもないようにキーボードの文字はレーザー刻印されている。
F14 キーボード

・VAIO独自のバッテリー節約機能

VAIO独自の「バッテリー節約設定」機能が搭載。これはオリジナルアプリケーションから設定可能で、「バッテリー節約設定」をオンにするとCPUパフォーマンスを独自の方式で制御するほか、ファンの動作モードを静かにするなど優先、またディスプレイの輝度を制限したり、Windowsそのもののバッテリー節約機能を常時ONにしてくれる。

バッテリー節約設定

バッテリー節約設定

・「いたわり充電」機能

また同オリジナルアプリケーションには「いたわり充電」があり、常に100%に保つのではなく、電源接続して使用する場合、80%や50%に充電容量を制限するというものだ。「いたわり充電」のオン・オフと更にオンにした際は80%と50%どちらか選べるようになっている。またバッテリー充電能力の現状も表示され「良好」「正常」「注意」「警告」の4段階で表示される。注意になったらバッテリーに何かしらの問題があるか劣化しているということだろう。

いたわり充電

いたわり充電

・完成されたノートパソコン

「VAIO F」はビジネス用途からちょっとした動画鑑賞など様々な用途にうってつけだ。特にCPU性能のバランスが良く、バッテリーも長時間持つ。Intel Core i7 13世代の超低消費電力版を選択したのは正解ではないだろうか。

・改善希望点

良いところだけでなく改善希望箇所もあった。それは画面の解像度だ。昨今ノートパソコンはフルHDではなく2.5Kや3Kなど増えてきている。今となってはフルHD(1920×1080)は窮屈に感じてしまうだろう。またストレージスロットとしてmicroSDスロットがあるがこちらは通常のSDスロットの方が有り難かった。SDカードスロットならアタッチメントを使いmicroSDカードも通常のSDカードも差し込めるが、microSDカードスロットにはどう頑張っても通常のSDカードは差し込めない。

・新ラインナップ「VAIO F」

こちら「VAIO F14」「VAIO F16」共に2023年6月に受注生産開始で最速のお届けが2023年6月となっている。
今まではハイエンドな「VAIO SX」シリーズ、バランスのとれた「VAIO S」シリーズ、それらに加わるように「VAIO F」シリーズがラインナップとて追加された。かといって性能は決して低いわけで無く、CPUはIntel Corei7 13世代 1355Uと超低消費電力版ながらも10コアあるのでバッテリーも長時間でバランスの良い仕事をしてくれるはずだ。

コメントする(匿名可)



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Anker モニタースタンドと一体型の12-in-1ドッキングステーションを販売開始
通信料が永年無料の翻訳機『Vasco Translator V4』が一般販売開始 クラウドファンディングでも大成功

関連記事

もっとみる

新着記事

Anker史上最多販売数を記録したモバイルバッテリーの次世代モデル 「Anker Power Bank(10000mAh, 22.5W)」を販売開始

2024/05/16 11:00:46

早稲田アカデミー、青春スポーツアニメ「ハイキュー!!」と ライバルと育つをテーマにしたスペシャルコラボレーションを開始

2024/05/13 16:46:15

【花王×ロッテ】サクセスがクーリッシュとコラボして「クーリッシュ入浴剤」なるぶっ壊れたものをプレゼント中

2024/05/11 23:22:40

任天堂 Switch後継機種を公式で初めて発表 正規発表は今期中

2024/05/07 17:27:58

東急不動産が本気で作った鳥の住まい!シジュウカラの巣の誘致に成功 表参道の真ん中でシジュウカラが巣作り 東急プラザ表参道「オモカド」にて“祝営巣”ジャック

2024/05/01 18:14:43

ただ辛いだけではなく、燃えるような美味しさ カップ麺「一蘭とんこつ炎」全国新発売 旨さと辛さの絶妙なバランスを実現!

2024/05/01 11:54:46

レイク新CM「韓国篇」公開 KARA「ミスター」のヒップダンスを大悟が14年ぶりに踊る!

2024/05/01 04:00:02

韓国のZ世代に人気のキャラクター「チェゴシム」が日本に本格上陸! 国内初のPOP UPも開催決定

2024/04/28 14:30:22

なぜオンラインパチンコゲームは日本でこんなにも人気なのか?

2024/04/26 23:10:28

オンラインでパチンコが可能に?パチンコが遊べるオンラインカジノをご紹介!

2024/04/26 23:05:52

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


"Anker モニタースタンドと一体型の12-in-1ドッキングステーションを販売開始
通信料が永年無料の翻訳機『Vasco Translator V4』が一般販売開始 クラウドファンディングでも大成功
//valuecommerce //popin //popin amp