2023/04/20 18:13:34

0

女性・恋愛

7割以上のママパパが悩む「おむつのサイズアウトロス問題」に寄り添う 『ネピアGenki! おむつ無料交換便』を4月20日(木)より開始


ネピアGenki! おむつ無料交換便


赤ちゃん用紙おむつ「ネピアGenki! 」で“赤ちゃんも、ママパパも、おむつストレスフリー”をめざす王子ネピア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森平高行)は、独自調査によりママパパの間でフードロスならぬ“おむつのサイズ アウトロス”が悩みの種 になっている状況が明らかになったことを受けて『おむつ無料交換便』の取組みを2023年4月20日(木)より開始いたします。

“おむつのサイズアウトロス問題”の実態についての調査では、子育て当事者の7割以上がサイズアウトにより未使用のおむつを余らせたロスした経験があることが明らかになり、推計で年間2000万枚以上のおむつが余り、約500万枚が廃棄されている状況が判明しました。また、直近の物価高により「家計が困っている」と回答した子育て当事者は8割以上、またその内過半数は子育て関連の家計が増加したと回答するなど、おむつのロスが家計の負担としてより大きくなっている状況も判明しました。

7割以上

*1 満3歳~4歳未満の子供を持つ子育て当事者のサイズアウトによるおむつのロス経験率
*2 おむつのサイズアウトロス:赤ちゃんの成長により、購入したおむつが小さくなってしまい、未使用のまま余ってしまうこと
*3 おむつ着用年齢の出生数×おむつロス経験率×おむつロスの平均回数×1回当たりのおむつロス枚数×おむつの廃棄率 の0~3歳分の合計で試算 (0~3歳の子ども1人当り約5.8枚が余り)
*4 *3の数値×サイズアウトおむつの廃棄率で試算(0~3歳の子ども1人当り約1.5枚の廃棄)

『おむつ無料交換便』について

“赤ちゃんも、ママパパも、おむつストレスフリー”をめざす「ネピア Genki!」は、本来なら子供の成長の証 であるサイズアウトのタイミングが、親の隠れたストレスになっていることに着目。中途半端に余ったおむつは、処分に困るなど ママパパ のストレスの原因になってい る 。その悩みに寄り添うために、サイズアウトしたGenki!のおむつを新サイズに交換する『おむつ無料交換便』 を実施。すでに開封したGenki!も、無料で新しいサイズに交換します。赤ちゃんも、ママパパも、地球にも、おむつストレ スフリー になることを願っています。
ステートメント

おむつ無料交換便 コンセプト動画

こどもの成長はとってもうれしいけれど、せっかく買ったおむつが使えなくなってしまうのは、隠れた負担に。そんな子育てのお悩みに寄り添うために生まれたサービス『おむつ無料交換便』を、分かりやすくご紹介します。


【子育て当事者「おむつのサイズアウトロス問題」についての調査を実施】

『おむつ無料交換便』の検討にあたり、「おむつのサイズアウトロス問題」の実態についての独自調査を実施。子育て当事者の7割以上が、サイズアウトによるおむつロスの経験があることが明らかに。調査からの推計では、年間約 2000 万枚のおむつが未使用のまま余り、500 万枚以上が廃棄されていることが判明しました。また、直近の物価高により「家計が困っている」と回答した子育て当事者は8割以上、そして、その内過半数は子育て関連の家計が増加したと回答するなど、ロスによる負担が重くなっている状況が判明しました。
サイズアウトによるおむつロスの経験

・子育て当事者の 7 割以上が、サイズアウトによっておむつを余らせてしまった経験あり。推計で年間約 2000 万枚のおむつが余り、500 万枚以上が廃棄されている。
・大多数(8 割以上)の子育て当事者は物価高により「家計が困っている」と回答。
 その内、過半数は子育て関連の家計支出が増加(平均約 9,000 円)。
 ロスによる負担が重くなっている状況に。
・子育て当事者全体の 86.7%が『おむつ無料交換便』の利用を希望。
 物価高により家計が困っていると回答した子育て当事者の利用希望率は 91.7%に。

おむつのサイズアウトロス問題の実態

①子育て当事者の 7 割以上が、サイズアウトによっておむつを余らせてしまった経験がある。
満3歳~4歳未満の子を持つ子育て当事者の7割以上が、サイズアウトによって未使用のおむつを余らせた経験あり。

②その内、7割以上が“サイズが合っていないおむつを使って尿漏れした”などのトラブルを経験。約9割が「もったいない」と感じている。
①の子育て当事者の内、71.4%が“サイズが合っていないおむつを使って尿漏れした”などトラブルを経験。
また、子育て当事者全体の 87.8%がサイズアウトにより未使用のおむつが余ってしまうことに対して「もったいないと感じる」と回答。「未使用でも開封済みだと、よほど仲の良い友達でないとあげられないので泣く泣く捨てた」「資源の無駄遣いをしてしまったと、罪悪感を感じた。またお金を捨てているようにも感じた。周りに同じ年頃の知り合いがいない為、あげることも出来なかった」といった声も集まりました。
サイズアウト経験

③推計で年間約 2000 万枚のおむつが余り、500 万枚以上が廃棄されている状況が明らかに。

推計によると、おむつロスの年間累計枚数(0~3 歳分の合計)は約 2,000 万枚。また、500 万枚以上が廃棄されている状況が明らかに。

子育て当事者のおむつの購入実態

①おむつ購入に関する意識としては「おむつを無駄にしたくない」が「安く購入したい」に次いで多い回答に。
おむつ購入に関する意識として、全体の 63.2%の子育て当事者が「おむつを無駄にしたくない」と回答。

②おむつを買う際に重視する要素としては「サイズフィット」が「価格」に次いで重視されている。
おむつを選ぶ際に重視する要素としては全体の 58.5%の子育て当事者が「サイズフィット」と回答。

「おむつのサイズアウトロス」はどの家庭にも有る慢性的なストレス

「おむつのサイズアウトロス」についての調査を受けて
今回の「おむつのサイズアウトロス問題」はママパパにとって本当によくあることなので、「子育て当事者の7割以上が、サイズアウトによるおむつロスの経験」という調査結果は、驚きもあり、納得感もありました。子どもの成長・発達には個人差があり、そもそも生まれたばかりの赤ちゃんでも大きな違いがあります。乳児期(生後1歳未満)は、特に成長の差も顕著です。おむつは赤ちゃんの必需品。なくなっていると大変困りますから、前もって多めに買いそろえておく家庭がほとんどでしょう。量販店で安売りしていれば、家計軽減のためと思ってつい買いだめすることもあると思います。しかし赤ちゃんは日々ぐんぐん成長していきます。「買っていたおむつがあっという間にサイズアウトしてしまった」ということは、どの家庭でも起こっているでしょう。

サイズアウトになったおむつがもったいないと思って、つけ続けさせるのは、赤ちゃんも窮屈ですし、尿漏れの原因にもなります。尿漏れやうんち漏れになってしまうと、さらにおむつ替えやお世話も大変です。おむつのサイズアウトによって、赤ちゃんにもママパパにもイライラが増えてしまうのはもったいないことですね。結果、余ったおむつをどうしようかと悩みながら、もったいないけれど破棄してしまうという家庭も多いと思います。調査でも、約9割が「もったいない」と感じているという結果がありました。調査でも紹介されていた「未使用でも開封済みだと、よほど仲の良い友達でないとあげられないので泣く泣く捨てた」「資源の無駄遣いをしてしまったと、罪悪感を感じた。またお金を捨てているようにも感じた。周りに同じ年頃の知り合いがいない為、あげることも出来なかった」という思いは、ママパパの多くが感じたことがあるのではないでしょうか。2、3枚ならともかく、まだパックの半分も使ってないのにサイズアウトという経験を持っているママパパも少なくないでしょう。

また、年間に「推定500万枚以上のおむつが廃棄」という試算結果にも驚きました。子どもたちの未来のためにも、環境問題が叫ばれている中、この数字を重く受け止めなければならないでしょう。さらに子育て家庭の8割以上が「物価高によって家計が困っている」と回答。その内の過半数が「子育て関連の家計支出が増加」していると回答し、それが平均約9,000円とのこと。「おむつのサイズアウトロス」分も子
育て家庭の家計に、少なからず影響を及ぼしていると言っても過言ではないでしょう。
おむつの購入実感について、1位は「できるだけ安く購入したい」で2位が「購入したおむつを無駄にしたくない」という結果になっていますが、これがなかなか両立しにくいのがママパパの悩みになっているのではないでしょうか。おむつ選びの重視ポイントの1位は「価格」ですが、2位は「サイズフィット」。赤ちゃんに快適に過ごして欲しい、尿漏れなどがなく、お世話にストレスがかからないというのは、親の願いなのです。できるだけ安く購入したいから「多分このくらいは使うだろう」と予想して購入するけれど、結果子どもが成長してお
むつがサイズアウトになってしまう。そうするとおむつを無駄にしてしまうことにつながる。「おむつを無駄にしたくない」という思いと「サイズフィットのおむつで赤ちゃんを快適に過ごさせたい」という思いが裏腹な結果になり、小さなストレスやジレンマに陥ってしまう方も少なくないでしょう。

『おむつ無料交換便』について
「おむつ無料交換便」はサイズアウトおむつを新サイズに交換してくれるということで、子育て当事者の負担を減らしてくれるサービスだと思います。赤ちゃんを抱っこしてお店に余ったおむつを持っていくのも大変ですから、無駄にすることなく自宅で引き取ってもらえて、その上、新サイズに無料で交換できるのは有難いです。子育てしていく中で、子どもの成長や笑顔に癒される反面、子どものお世話や対応にストレスを感じることも少なくありません。「おむつのサイズアウトロス」のような小さなストレスも重なっていくと大きなストレスに
なってしまいかねません。今回の「おむつ無料交換便」の取り組みは、親が感じているちょっとしたストレスやもやもやの気持ちを笑顔にしてくれる大きなチャレンジだと思います。ぜひ継続的に実施していただきたいと思っています。

ブランドサイト:

コメントする(匿名可)



ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"マッチングアプリ『Omiai』が五反田に「ドタキャン癒しBAR」を期間限定開催
約35万通りの開発実績から厳選した処方を用いて遺伝子研究のパイオニアが創り出す ヘアケアブランド「MQURE(エムキュア)」4月15日新登場

関連記事

新商品『プリマヴィスタ ブライトチャージ パウダー』を2月10日(土)より発売開始 有村架純さん新ビジュアルも公開。“今年は芸術にたくさん触れる!”宣言

2024/02/06 11:00:25

松本人志休業前最後の出演となる水曜日のダウンタウン 悪態つきまくりで様子がおかしいと話題に ダイアン津田にも「今日えらいテンパってる」と指摘される

2024/01/25 12:08:43

来たる2024年、運を自らの手で掴み取りたい人必見! 開運セミナー人気講師櫻庭 露樹に聞く 年始までに必ずやりたい㊙開運術

2023/12/29 09:56:40

サガミオリジナル15代目宣伝大使 風吹ケイさん「まさかグラビアをやるとは思わなかった 小池栄子さんみたいな人になりたい」

2023/12/01 04:08:21

資生堂~杏さんと清野菜名さんがセレクトしたご褒美アイテムも!~『GIFTLABEL』キャンペーン11月1日(水)開始

2023/10/31 03:42:26

発毛治療クリニック医師が教える“秋バテ頭皮”の予防・対策とは

2023/10/13 02:11:55

GUNZEの保湿成分配合インナー「着るコスメ」で紫外線ダメージを受けた肌のアフターケア

2023/09/26 08:05:10

「小学一年生」とセブンイレブンがコラボレーション セブンイレブンのレジのお仕事が体験できる付録がガチ過ぎる!

2023/09/25 11:43:55

【45周年】ヤーマン「早すぎたかもしれない製品選手権」

2023/09/08 12:00:37

ホットヨガスタジオLAVAの人気プログラム 『至福の睡眠ヨガ』受講者数のべ20万人を突破!

2023/09/05 09:43:40

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


"マッチングアプリ『Omiai』が五反田に「ドタキャン癒しBAR」を期間限定開催
約35万通りの開発実績から厳選した処方を用いて遺伝子研究のパイオニアが創り出す ヘアケアブランド「MQURE(エムキュア)」4月15日新登場
//valuecommerce //popin //popin amp